ホーム > 申請・手続 > 風俗営業等・出会い系サイト事業 > 飲食店営業を営む皆さんへ

ここから本文です。

飲食店営業を営む皆さんへ

あなたのお店は大丈夫ですか?

「接待」をするには、公安委員会の許可が必要です。

「深夜における酒類提供飲食店」を営むには、公安委員会に届出書を提出する必要があります。

「接待」とは

「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなす」ことをいいます。

接待の具体的内容

  1. 談笑・お酌等
    特定少数の客の近くにはべり、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為
  2. 踊り等
    特定少数の客に対して、客室において、歌舞音曲、ダンス、ショー等を見せ、又は聞かせる行為
  3. 歌唱等
    特定少数の客の近くにはべり、その客に歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子を取り、拍手し、若しくは褒めはやす行為又は客と一緒に歌う行為
  4. 遊技等
    客と遊技、ゲーム、競技等を行う行為、また客と体を密着させたり、手を握る行為

「深夜における酒類提供店」とは

バー、酒場その他酒類を提供して営む営業を午前0時以降に営むものをいいます。
ただし、営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営む店は除かれます。

「営業の常態として」とは

  • 営業時間中常に主食を提供している店のことであり、したがって、1週間のうち平日のみ主食を提供する店、1日のうち昼間のみ主食を提供している店等は「常に主食を提供している店」に当たらない。
  • 客が飲食している時間のうち大部分の時間は主食を提供している店のことであり、従って、大半の時間は酒を飲ませているが、最後に茶漬けを提供するような場合は、「大部分の時間は主食を提供している店」に当たらない。

「通常主食と認められる食事」とは

社会通念上主食と認められる食事をいい、米飯類、パン類(菓子パンを除く。)、めん類、ピザパイ、お好み焼き等がこれに当たる。

営業可能地域と営業禁止地域

京都府内においては、「風俗営業」や「深夜における酒類提供飲食店」を営むことができない地域があります。

営業できる地域であるか否かについては、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行条例第1条及び第3条に規定されています。

営業禁止地域においては、「接待」や「午前0時を超えて酒類を提供すること」はできません。

営業可能地域

都市計画法上の

  1. 近隣商業地域
  2. 商業地域
  3. 準工業地域
  4. 工業地域
  5. 工業専用地域
  6. 第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域のうち国道又は府道の側端から25メートル以内の地域
  7. 第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域のうち鉄道の駅(転てつ器を有するもの)の周囲50メートル以内の地域
  8. 無指定の地域

営業禁止地域

都市計画法上の

  1. 第一種低層住居専用地域
  2. 第二種低層住居専用地域
  3. 第一種中高層住居専用地域
  4. 第二種中高層住居専用地域
  5. 第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域(ただし、上項の6、7に該当する地域を除く。)

詳しくは、警察本部生活安全企画課風俗営業係又は最寄りの警察署の生活安全課にお尋ねください。

以上の内容は、チラシ(表(PDF:275KB)裏(PDF:266KB)でもご覧になれます。

ご覧になるには Adobe Acrobat Reader が必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部生活安全企画課許可等事務審査室 風俗営業係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111