ここから本文です。

公文書公開請求

京都府公安委員会、京都府警察本部長に対し、どなたでも公文書の公開請求ができます。

「請求から公開まで」で図解しています。

公開請求の対象となる文書

条例の施行日(平成13年9月28日)以後に作成・取得した公文書が、公開請求の対象となります。ただし、官報、公報、書籍等の市販物や府立京都学・歴彩館、府立図書館その他これらに類する施設において、一般の閲覧に供するために管理されている図書等は除かれます。

公開請求の適用除外

訴訟に関する書類及び押収物

公開請求の方法

下記の方法等により請求できます。

窓口(警察本部総務課情報公開室各警察署)での手続き

公文書公開請求書(警察本部長あて(PDF:15KB)公安委員会あて(PDF:15KB))に必要事項を記入して、窓口に提出してください。窓口では、職員がご相談に応じます。

月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)
午前9時から午後5時45分

※舞鶴警察署東庁舎、交番、駐在所では受付をしていません。

記入要領(PDF:85KB)

郵送による手続き

公文書公開請求書に必要事項を記入して、警察本部総務課情報公開室あて郵送してください。

郵送先

〒602-8550
京都市上京区下立売通釜座東入薮ノ内町85の3・85の4
京都府警察本部総務課情報公開室

ファクシミリによる手続き

公文書公開請求書に必要事項を記入して、窓口開設時間帯(平日 午前9時から午後5時45分)に警察本部総務課情報公開室あて送信してください。

送信の際は、送受信を確実に行うため、連絡をお願いします。

電話075-451-0770(ファクシミリ兼用)

インターネットによる手続き

「電子申請による公文書公開請求について」のページをご覧ください。

非公開情報

公開請求があった公文書は、原則として公開されますが、その例外として、次の情報は公開することができません。

非公開情報

公開・非公開の決定

公開・非公開の決定は、請求の受付から15日以内に行います。ただし、公文書が大量である場合など、やむを得ない理由がある場合は、決定までの期間を延長することがあります。

公開の場合には、その日時と場所、非公開や延長の場合にはその理由をお知らせします。

公開の実施

閲覧、写しの交付により公開を行います。閲覧は無料ですが、写しの交付には実費をいただきます。

写しの郵送を希望される場合には、郵送料を負担していただきます。

決定に不服があるときは

非公開等の決定に不服があるときは、審査請求や取消訴訟を提起することができます。

関係規程

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部総務課情報公開室
京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地
電話番号:075-451-9111