ここから本文です。

交番・駐在所等の活動

交番・駐在所では、パトロールや巡回連絡等のあらゆる活動を通じて、管轄する地域の実態や地域住民の要望を把握し、地域住民の要望に応えるための活動を行っています。

交番・駐在所等

交番は、主として都市部の地域に置かれ、警察官が交替で勤務しています。また、駐在所は、原則として都市部以外の地域に置かれ、警察官が家族とともに地域に居住しています。

京都府内には、交番が194箇所、駐在所が98箇所、警備派出所が4箇所(水上、木屋町、京都駅及び丹後町)があります(平成29年4月末現在)。

交番・駐在所所在地一覧

主な活動

  • パトロール等による犯罪及び事故の防止並びに犯罪の検挙等
  • 巡回連絡を通じた、事件・事故の被害防止に向けた連絡、住民の方からの困りごとや要望の聴取
  • 遺失物・拾得物等の届け出の受理
  • 迷い子等の保護
  • 住民の方とともに、地域防犯力を高めるための活動(府民協働防犯ステーション)

交番勤務員のとある一日

制服警察官がコンビニやスーパー等での飲食物購入時にあわせて立ち寄り警戒を実施しています。

第一線で活躍する警察官たち

コンビニ強盗犯人の逮捕

京都府宇治警察署 パトカー乗務員 交番勤務 A警察官

深夜、パトロール中の交番勤務の警察官が、コンビニエンスストアで発生した強盗事件の犯人を発見、逮捕した。

深夜、宇治警察署の交番に勤務するA警察官は、極寒の中、府民の安全を守るという熱意を持って、バイクに乗り街頭パトロール中であった。

そのパトロール中のAの無線に「コンビニ強盗発生、犯人は包丁を所持、現金を強奪して逃走中」との手配が飛び込んできた。

Aは、「発生場所が近い。あそこからなら○○橋を通るのでは」と、手配内容から逃走方向を予測して急行したところ、手配の犯人像とよく似た男が○○橋を南へ歩いて行くのを発見した。「あいつだ!」Aは、はやる気持ちを抑え、相手が包丁を所持していることを念頭に置き、付近をパトロール中のパトカーと連絡を取りながら、男に近づき、機先を制して声を掛けた。

男は警察官に声を掛けられ、近づくパトカーを見ると、ギョッとした様子でそわそわと落ち着かない態度になった。

Aは、そんな男に隙を見せず、厳しく追及したところ、男はあきらめたようにうなだれ、ジャンパーの右ポケットから包丁を差し出し「この包丁でコンビニ強盗してきました。」と犯行を自供した。

Aの熱意が、凶悪事件の発生後、わずか30分でのスピード解決に導いた。

(平成23年掲載)

手を離すな!

京都府警察 パトカー乗務員 A警察官、B警察官

110番通報を受けたパトカー乗務員が、現場に急行して、集合住宅のベランダから落下しそうになっている女性を無事救助した。

「ベランダから女の人が落ちそう」との通行人からの目撃110番通報があり、その無線指令を聞いたパトカー乗務員のA警察官とB警察官は、一刻を争う状況の中、パトロールで培った細かな道まで知り尽くした知識で、現場までの最短ルートを的確に選択して、現場に急行した。

パトカーを降りたAが集合住宅を見上げると、5階の1室でベランダの柵に両手でつかまり、ぶら下がっている女性がいるではないか。

「これはいけない」2人の警察官は、建物に駆け込み、5階までの階段をノンストップで駆け上がって室内へ飛び込んだ。

室内には女性の家族が居たが、この非常事態に全く気付いていない。

室内からは、ベランダの柵につかまっている女性の手が見える。

「手を離すな!」Aは、心の中で叫びながらBと共にベランダに突進した。

A,Bは柵から身を乗り出し、柵につかまりぶら下がっている女性の左右の手をつかみ、事態に気付いた家族も女性の服をつかんでベランダの中へ引き入れることに成功した。

通報があってから7分間の出来事であった。

(平成23年掲載)

木津川で子どもを救助

  • 京都府城陽警察署 パトカー乗務員 ベテラン警察官A
  • 京都府警察本部街頭犯罪警戒隊 青年警察官B・C

ベテラン警察官と青年警察官が連携して、川に流され、立木にしがみつく子どもを無事救助した。

8月中旬、城陽警察署パトカー勤務のベテラン警察官A巡査部長は、「木津川で子どもが流されている。」との110番通報を受け、直ちに現場急行、更に、同じ無線を聞いた本部街頭犯罪警戒隊の青年警察官B・C両巡査長も現場急行した。

木津川は増水し、子ども4人が流されまいと、川の中で必死に立木にしがみついていたが、いつ流されてもおかしくない状態であった。

A巡査部長は、「流されれば子どもの命が…」とパトカーに駆け戻り、トランクに積んでいたライフジャケットにロープをくくりつけ、B・C両巡査長に「これで助ける。」と手渡し、B・C両巡査長は助けを求める子どもにライフジャケットを投げ渡し、渾身の力で川岸まで引き寄せて救助した。

A巡査部長の機転を利かした行動と、B・C両巡査長の自らの危険を顧みない使命感が子どもの尊い命を救った。

(平成24年掲載)

民・警連携でひったくり事件をスピード解決!

京都府警察本部通信指令課・機動警ら課・東山警察署交番勤務警察官

府民からの的確な情報提供が、ひったくり事件のスピード解決につながった。

深夜、ひったくりに遭った女性の悲鳴を聞いた複数の通行人が協力して110番通報と追跡を行い、犯人が乗り込んだタクシーの特徴を祇園交番の警察官に通報した。

祇園交番からの連絡により、警察本部の通信指令課がタクシー会社に依頼してタクシーの位置を確認し、パトカーや交番の警察官に手配、警戒中の機動警ら課のパトカーが手配のタクシーを発見、交番の警察官と協力して包囲し、乗車していた男性客を職務質問したところ被害品を所持しており検挙した。

(平成24年掲載)

「見せる活動」・「見えない活動」で府民の安全と安心を!

  • 京都府宇治警察署 交番勤務員
  • 京都府向日町警察署 交番勤務員
  • 京都府亀岡警察署 駐在所勤務員

「パトロールカード」や高齢者宅訪問に対する謝辞が寄せられた。

交番の勤務員が、管内の住民から器物損壊等の被害にかかる相談を受理し、昼夜を問わずパトロールして、パトロールカードを投函していたところ、被害もなくなり、相談者から「パトロールカードを見るたび、大変心強かった。」との謝辞がよせられた。

また、独居高齢者から「よく不審者がドアをたたいている。」等の申告を受けたことから、積極的に訪問して声を掛け、親身になって防犯指導し、高齢者の不安を解消したことに対し、親族からお礼状も届いた。

(平成24年掲載)

コンビニ強盗犯人の逮捕

京都府西京警察署 交番勤務 A巡査部長

深夜、交番勤務の警察官が、コンビニエンスストアで発生した強盗事件の犯人を発見、逮捕した。

深夜、西京警察署交番勤務員のA巡査部長は、隣接警察署管内のコンビニエンスストアで持凶器強盗が発生したことを知った。

A巡査部長は、「交番の管内にもコンビニエンスストアがたくさんある。府民が安心してもらえるよう管内のコンビニエンスストアで、強盗は絶対に発生させてはならない。」との強い思いから、管内のコンビニエンスストアに対して立ち寄り警戒を実施した。

立ち寄り先のコンビニエンスストアの店員には、強盗事件が発生したことや犯人の特徴などの情報を提供し、犯人の逮捕に向けた協力を依頼するとともに、強盗の被害者にならないように注意喚起し、強盗の続発防止に努めていた。

A巡査部長が立ち寄り警戒中、あるコンビニエンスストアで、店員の様子を窺いながら店内をうろついている男を発見した。男の服装や振る舞いから、「犯人は、この男に間違いない。」と確信したA巡査部長は、男の機先を制して声を掛け、店外に連れ出した。

店外に出た男は、A巡査部長の追及に対し指先を震わせ、顔を強ばらせて無言でうつむいたが、A巡査部長の厳しい追及を受けて諦めたように「さっきコンビニで強盗をした。この店でもう一回強盗するつもりだった。」と犯行を自供した。

A巡査部長の「これ以上被害者を増やさないためにも犯人を絶対に検挙する。府民に安心してもらおう。」という熱意が、凶悪事件を解決した。

連続不審火犯人の逮捕

京都府宇治警察署 交番勤務員 A巡査部長、B巡査

夜間、パトロール中の交番勤務員が、連続発生していた不審火事案の犯人を発見、逮捕した。

宇治警察署交番勤務員のA巡査部長、B巡査は、管内で連続して不審火が発生していたことから、「府民に安心して生活してもらうために絶対に捕まえてやる。」という熱意を持って、それぞれ街頭パトロールを強化していた。

A巡査部長が住宅街をパトロール中、民家の駐車場に止められている自転車のカバーから炎が上がっているのを発見した。A巡査部長は、直ちに消火し、B巡査の応援を得て犯人を捜していたところ、付近の民家に一人の男が佇んでいるのを発見した。

A巡査部長、B巡査は、男が深夜の住宅街の民家に佇んでいたことから不信感を強め、男に声を掛け、二人で連携して男を追及した。男は、「友人の家と間違えた。」と答えたが、A巡査部長は、男の横に置かれている自転車のカバーに、新しい焦げ跡があるのを発見したことから、「この男が不審火の犯人に間違いない。」と確信し、B巡査と男の持ち物を確認したところ、ポケットにライターが入っているのを発見した。

宇治警察署にて捜査したところ、男は、「むしゃくしゃしていたので火をつけた。」と15件の犯行を自供した。

A巡査部長とB巡査の執念が、長期間、府民に不安を与えていた犯人の検挙に繋がった。

お問い合わせ

京都府警察本部地域課企画係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111