ここから本文です。

住宅 [高齢者のための府政ガイド]

府営住宅優先入居

府内に住所又は勤務場所がある方で、生計中心者が60歳以上で、同居者がその方の配偶者、18歳未満の児童、心身に障害のある人又はおおむね60歳以上の人で構成され、収入が公営住宅の入居基準を満たす世帯を老人世帯といい、このような世帯が住宅に困窮している場合に、一般募集とは別に優先入居ができる制度があります。

詳しいことは、最寄りの市・区福祉事務所(町村にお住まいの方は、府保健所企画調整室)又は府健康福祉部高齢者支援課(電話 075-414-4574)へお問い合せください。


なお、一般募集については京都府住宅供給公社(外部リンク)(電話 075-432-2018)へお問い合せください。

府営住宅募集情報(一般募集)〈「京に住む」へのリンク〉

京都府住宅建設(改良)資金融資制度

21世紀リフォーム資金融資制度

既存住宅に手すりの取付けや段差の解消等のバリアフリー工事を行う場合に、低利で融資する制度です。
60歳以上の方が居住する住宅をリフォームする場合には、その子供や孫が申込人となって資金の融資を受けることも可能です。
融資対象、融資条件等くわしいことは建設交通部住宅課(電話 075-414-5361)へお問い合せください。

高齢者円滑入居賃貸住宅登録・閲覧制度

高齢を理由に入居を拒まない賃貸住宅をオーナーの申請により登録し、高齢者の方へ情報提供しています。くわしいことは、建設交通部住宅課へお問い合せください。
なお、京都府各土木事務所においても登録情報を掲載したリーフレットを配布しています。

詳しいことは、こちら〈「高齢者の暮らしのために」へのリンク〉をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?