ここから本文です。

アカモクの下処理方法

アカモクは丹後で新たに利用が始まった海藻で、シャキシャキとした食感とトロミ(粘り)があるのが特徴です。ここでは、生のアカモクの下処理方法を紹介します。

なお、丹後では、下処理済みの湯がきアカモクが製造、販売されております。こちらの商品は、袋から取り出してすぐに食べることができます。

1、水道水で洗う(3回程度)

漁獲されたアカモクには、泥や小さなゴミ(生き物)が付着しています。水がきれいになるまで手で揉み洗いしましょう。

アカモクの水洗い

2、手でしごいて軸を除く

アカモクの軸は固く、口当たりがよくありませんので、手でしごいて取り除きましょう。葉と軸は先端から根元に向かってしごくと、きれいに取り除くことができます。

アカモクのしごき方1アカモクのしごき方2

3、しごいた葉を水道水で洗う(3回程度)

しごきとった葉(可食部)を水道水で洗い、取りきれなかったゴミを取り除きましょう。

可食部の水洗

4、たっぷりのお湯でゆがく

アカモクが浸かるくらいの熱湯を用意し、数秒~数十秒ゆがきます。アカモクは、お湯に入れると茶色から緑色に変化します。※やけどに注意してください!

アカモクのボイル

5、水道水で冷やす

ゆがいたアカモクをザルにあけて湯を切り、水道水をかけて冷やします。この作業から、ネバネバがたくさん出てきます。

水道水による冷却

6、水切りして保存

ザルでしっかり水切りしたあと、保存容器に入れて保存します。2~3日で食べる場合は冷蔵し、それよりも長く保存する場合は冷凍してください。

湯がきアカモクの完成

 

下処理方法のPDF資料も用意しました。御利用下さい。
アカモクの下処理方法(PDF:383KB)

調理例

丁寧に下処理したアカモクは口当たりが良く、味噌汁やサラダなど様々な料理に利用できます。その他の調理例については、パンフレット「アカモクとホンダワラ」をご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部水産事務所

宮津市字小田宿野1029-3

ファックス:0772-25-1532

suisanjimusho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?