ここから本文です。

亀屋則克(京都企業紹介)

知恵の経営元気印経営革新チャレンジ・バイの各認定等を受けた府内中小企業等を紹介するページです。

京都企業紹介(業種別) 京都企業紹介(五十音順) 京の食 京都府の産業支援情報

季節の上菓子を地元、そして全国へ、亀屋則克(外部リンク)

(掲載日:令和3年6月24日、ものづくり振興課 足利・丸山)

浜土産

 

インパクトNo1「浜土産」

前から気になっていた。
食に精通しているわけではない素人の独断だが、京菓子の中で、見た目のインパクトは一番ではないか。だからこそ、ずっと気になっていた。そして・・・。
見た目だけではなかった。おいしい。蛤の貝殻を開けると、琥珀色の寒天の中に味噌風味の浜納豆が一粒。海岸から遠く離れた京の町において、見るからに海辺のお土産の如く真夏でも日持ちするお菓子を、と初代が考案されたものとのこと。

 

地元に根付く和菓子

京菓子協同組合青年部長の森田さん。生菓子を扱うため、やはり朝は早い。
お話をおうかがいしている間も、次々とお客さんが訪れる。聞けば、地元の方だという。そう、京の町では和菓子を食す習慣が根付いているのだ。

店の前 店舗内

 

季節の上菓子・和菓子

それにしても、お客さんは、ショーケースも何もないのに、どうやって品物を選んでいるのだろうか?
「こちらの箱をご覧いただいているのです。」
なるほど、この黒い木箱を開くのか。何から何までかっこいい。
葛焼きを食す。まさに、上品さがあふれたうまさだ。

箱

 

オンラインショップ・生菓子配送

地元のお客さんが付いているとは言え、コロナの影響は厳しいであろうと思い、聞いてみる。
奇しくもオンラインショップ(外部リンク)も自社で取り組み始めたところであり、それが幸いして、前年同月を上回ることもあったそう。素晴らしいじゃないですか。
九州から東北南部まで、同社の「上生菓子」をお届けできるという。

 

京菓子協同組合青年部の詰め合わせセット「京の菓子めぐり」

森田さんが部長を務める京菓子協同組合青年部では、現在、 「観光・伝統・食関連」産業連携事業補助金も活用して、15社の銘菓や新商品を詰め合わせた「京の菓子めぐり(外部リンク)」を、「ジェイアール京都伊勢丹オンラインショップ(外部リンク)」にて販売中です。

 

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp