ここから本文です。

山城家畜保健衛生所

Kyoto Prefectural YAMASHIRO Livestock Hygiene Center (旧中央家畜保健衛生所)

都市部の家畜保健衛生所として、地域の利点を生かした安心・安全な畜産物生産のため、家畜の健康の保持・推進に努めます。

新着情報

家畜を飼養される皆様へNew

家畜の飼養衛生管理状況に関する定期報告書の提出をお願いします。

家畜所有者は、毎年、家畜の頭羽数及び飼養に係る衛生管理の状況を、都道府県知事に報告することが義務づけられています。【家畜衛生情報】

飼養衛生管理基準の詳細は、こちらをご覧ください。→【京都府畜産課HP】 【農林水産省HP】

報告が必要な家畜

牛、水牛、馬、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし、家きん(鶏、あひる、うずら、きじ、ほろほろ鳥、七面鳥、だちょう)

報告事項

 1  基本情報(毎年2月1日時点):全ての家畜所有者【定期報告書:エクセルPDF

 2  飼養衛生管理基準の遵守状況及び遵守するための措置の実施状況

  • 牛、水牛、馬:2頭以上の場合は必要【牛、水牛:エクセルPDF】 【馬:エクセルPDF
  • 鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし:6頭以上の場合は必要【鹿、めん羊、山羊:エクセルPDF】【豚、いのしし:エクセルPDF
  • 鶏、あひる、うずら、きじ、ほろほろ鳥:100羽以上の場合は必要【家きん:エクセルPDF
  • だちょう:10羽以上の場合は必要【家きん:エクセルPDF

 3  添付書類【添付書類一覧】

【牛:ワードPDF】【馬:ワードPDF)】【鹿、めん羊、山羊:ワードPDF】【豚、いのしし:ワードPDF】【家きん:ワードPDF

報告期限

牛、水牛、馬、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし:4月15日

家きん(鶏、あひる、うずら、きじ、だちょう、ほろほろ鳥):6月15日

家畜衛生情報について(令和5年4月~令和6年2月)New

 

動物用医薬品・医療機器の販売、動物病院などの届出について

☆令和3年8月1日より一部申請の申請書式、添付書類が変更となり、全ての書類で押印が任意となりました。

☆☆令和4年9月30日をもって、京都府収入証紙は廃止となりました。動物用医薬品・医療機器販売の許可申請、許可更新申請、許可証書換交付申請、再交付申請等に係る手数料については、以下の最寄の窓口にてお支払いの上、納付済証をお持ち下さいますようお願いします。

家畜保健衛生所の窓口では現金の受付はいたしかねますので、御了承の程、よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症について

健康に関する相談

御自身や、御家族、従業員の方などの健康に関する御相談は、

府民向けの専用相談窓口等に御連絡ください。→新型コロナウイルス情報

経営に関する相談

農林水産業経営でお困りの際は、各地域機関に相談ください。→相談窓口・支援

家畜伝染病の情報

豚熱(CSF)

  • 令和2年4月27日、府内で初めて野生いのししでの豚熱陽性が確認されました。
  • 令和2年1月15日から京都府内の飼養豚等への予防的ワクチン接種を開始しました。
  • 令和2年2月25日から野生いのししに対する豚熱経口ワクチンの散布を開始しました。
  • 京都府からの豚熱に関する情報

鳥インフルエンザ

口蹄疫

お問い合わせ

農林水産部山城家畜保健衛生所

城陽市寺田北山田31-47

ファックス:0774-52-2030

yamashiro-kaho@pref.kyoto.lg.jp