ふるさとトピックス!福知山、舞鶴、綾部

トップ > おでかけ > 子どもと泊まれるアットホームな農家民宿特集

更新日:2021年3月2日

ここから本文です。

子どもと泊まれるアットホームな農家民宿特集

京都府北部の里山エリアには、お子さん連れのご家族を歓迎する農家民宿がたくさんあります。今回はその中から、綾部市にある「手紙の木の家」を訪問してオーナーにインタビュー。
また、おすすめのお宿をピックアップしてご紹介します。いずれもお子さんのいるご家族が経営しているのが特徴。旅人をあたたかく迎えてくれます。

手紙の木の家(てがみのきのいえ)

オーナーの金田克彦さん・博子さんご夫妻は、博子さんが1999年、克彦さんが2004年にそれぞれ綾部に移住。大工を生業(なりわい)としながら、家族で作物を育て、狩猟もしています。「家族で」と書きましたが、文字通り農業も狩猟も家族総出。金田家は「家族仕事」を大切にしているそうです。

例えば、「村用」と呼ばれる集落の仕事にも子どもたちを連れていくのだそう。「水路の掃除をすると、どのように田んぼに水が来るか分かりますよね。農業は周りの環境もちゃんと守っていくのが大切。家族みんなで取り組んでいます」と金田さん。集落の大人たちに交じってのお手伝いは、何ものにも代えがたい学びがあるのでしょう。


草刈の様子。使い終わったカマも自分で研ぎます!

金田家の生活は狩猟と共にあり。最近では子どもたちが犬の散歩がてら、仕掛けている罠を確認しにいきます。「以前、東京からご家族がいらっしゃった時、たまたま捕獲できた鹿を一緒に解体したことがあります(金田)」。ジビエの解体は月に1度くらいなので、運がよければ体験できるかも。子どもづれのお客さんがいるとすぐに意気投合して、一緒に罠を見て回ることもあるそうです。


今日は自転車に乗って罠の見回りに出かけます。


鹿が捕れたとき、子どもたちもこの表情!

そのほか、お客さんが体験できることをお聞きすると「その季節ならではのことをおすすめしています」と金田さん。山から採ってきた原木に椎茸や平茸の菌を入れてきのこを育てたり、銀杏採りや柿採り、栗拾いを体験したり。春は近くにある葉わさびの群生地を訪ねて、一緒に摘んだものを醤油漬けにしたこともあるそうです。


みんなでタケノコ掘り!いっぱい採れました!

宿泊時の食事は自家製のお野菜を中心に、20年前から毎年手づくりしている醤油や味噌、自家製の塩など、その時々の旬を楽しめます。また、海に出かけたら釣りをしたり、コーヒーを淹れたり、牡蛎を買ってきたりして楽しむことも。実はお宿から海まで、車を走らせて30分ほど。山だけでなく、海での楽しみ方も心得ているんですね。


自家製の塩は、舞鶴沖で汲んだ海水を2週間薪ストーブの熾火(おきび)に乗せてつくります。

金田家の暖房は薪ストーブ。その熱を利用した床暖房も自作されています。ちなみに薪割りはすべて子どもたちの仕事。「自分で薪割りができた時の達成感や薪があるから薪ストーブが使えることをよく分かっています。自分ができることが増えていくのが楽しそうですね(金田)」。薪で炊いたお風呂に浸かると身体の芯までぽかぽかになります。


積み上げた薪を背に達成感あふれる表情。

「やることは多いけど、家族でご機嫌に暮らしています」と笑顔で応える金田さん。ぜひ、お子さんと「金田家の一日」を体験されてみませんか?

ーInformationー
手紙の木の家
住所:〒623-0343京都府綾部市志賀郷町藤谷16-2
電話番号:0773-21-2069
HP:https://visit-ayabe.wixsite.com/home/stay-jp-/tegaminokinoie

京都府北部・里山にあるおすすめお宿

ここからはおすすめのお宿をご紹介。
それぞれの場所ならではの体験や宿主とのあたたかな触れ合いを楽しめます。

【綾部市】和宿オリジン(なごみやどおりじん)

お宿から歩いて行ける鳥垣(とりがき)渓谷は滝や巨木が多くあり、お子さんとウォーキングやトレッキングを楽しめます。遊んだあとは『あやべ温泉』で疲れを癒やすのがおすすめ。お宿では無添加調味料を使った体にやさしいごはんをいただけます。毎週土曜日の夜は、子どもたちが地域に受け継がれる和太鼓(上林太鼓)の練習で神社に集合。タイミングが合えば飛び入り参加もできます。

ーInformationー
和宿オリジン
住所:〒623-1131京都府綾部市陸寄町向隈7番地の1
電話番号:080-9128-0888
HP:https://n-origin.amebaownd.com/
その他:あやべ温泉(https://www.ayabeonsen.com/

【綾部市】Seventh Home(セブンスホーム)

東京から移住されたご一家が運営しているお宿。裏庭の畑で収穫体験をしたら、野菜ソムリエの資格を持つ奥さまにおすすめレシピを教えてもらいましょう。お宿がある志賀郷(しがさと)エリアには他にも農家民宿が5軒あり、共同でレンタル自転車(大人用3台・子供用2台/無料)をされています。のどかな里山を眺めながらのサイクリングでは、通称トトロ山が見えるかも?!

ーInformationー
住所:〒623-0343京都府綾部市志賀郷町北町13番地
電話番号:090-6920-5725
HP(英語表記のみ):https://seventhhome.amebaownd.com/
紹介ページ:https://www.kyoto.ayabenouhaku.com/stay-jp-/seventhhome

【綾部市】水田家の食卓(みずたけのしょくたく)

農業を営んでおり、農家民宿のほかに農産加工品やお菓子をつくってイベント出店もされています。世界中の人たちと農業や暮らしをつなぐ『WWOOF(ウーフ)』のホストもされていて、各国からいろんな人たちが農業や暮らしを体験するために訪れるのだそう。食事はお野菜中心で、ベジタリアンやマクロビオティック、ヴィーガンの方にも対応されています。親子で体験できる野菜ピザづくりはお子さんにも大人気です。

ーInformationー
水田家の食卓
住所:京都府綾部市志賀郷町山ノ神13
電話番号:0773-21-1245
HP:https://mizutake.jimdofree.com/
その他:WWOOFジャパン(https://www.wwoofjapan.com

【綾部市】里山ゲストハウス クチュール

山間の集落にある古民家ゲストハウス。旅行業もしており、巨木の森トレッキングや昔ながらの餅つき体験、和紙の紙漉き体験などのアクティビティーのほか、『天職観光』(人に会いに行くツアー)も提供しています。お宿から徒歩約1分の小川は透明度抜群!子どもは小魚やサワガニをキャッチ&リリース、大人は川に足を浸けながらの読書がおすすめです。

ーInformationー
住所:〒623-1124京都府綾部市五泉町下ノ段16
電話番号:0773-21-6745
HP:https://guesthouse-couture.com/
その他:旅行業MATA TABI:https://matatabi-journey.com/
天職観光:https://www.tenshokukankou.com/

【舞鶴市】拾得(じっとく)

ジビエ処理施設『寒山(かんざん)』を開業され、ご自身も猟師であるオーナーが営むお宿。美味しいジビエ料理をいただけます。以前、オーナーがイベントに出店されていたときにいただいたジビエソーセージは全く臭みがなく、2才の息子もパクパク食べていました。ソーセージはお子さんと一緒に手づくり体験もでき、うどん打ちや、かまどでのごはん炊きなどの体験もできますよ(要問合せ)。

ーInformationー
住所:〒624-0118京都府舞鶴市西方寺780
電話番号:080-5343-1190
HP:https://kwanzanjittoku.com/

【福知山市】ふるま家(ふるまや)

日本人とフランス人夫婦が営むお宿。美しいしつらえの古民家で、目の前に広がる田んぼや畑を眺めながらゆっくり滞在できます。車で5分圏内にはアスレチック施設や64mのローラー滑り台がある『井ノ奥公園』、トランポリンなどで遊べる『みわ・ダッシュ村』、やぎや羊をはじめアルパカなど珍しい動物に出会える『みわファーム』など、子どもたちが喜ぶ遊び場がたくさんあります。

ーInformationー
住所:〒620-1311京都府福知山市三和町上川合156
電話番号:0773-58-2236
HP:https://www.furumayahouse.jp/
その他:
井ノ奥公園:https://www.city.fukuchiyama.lg.jp/soshiki/30/2020.html
みわ・ダッシュ村:http://www.miwa-dashmura.com/
みわファーム:http://www.miwafarm.jp/

 

ママライター:工忠衣里子
編集:山本英貴

 

レコメンド記事

お問い合わせ先

中丹広域振興局 地域連携・振興部 企画・連携推進課

電話番号:0773-62-2031

ファックス番号:0773-63-8495

舞鶴市字浜2020番地

メールアドレス:c-c-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?