ホーム > 安全な暮らし > 悪質商法 > 不正商品を追放しよう

ここから本文です。

不正商品を追放しよう

警察は、知的財産権を侵害する不正商品の取締りを強化しています。

知的財産権

商品に対する信頼のシンボルであるブランドや商標、知的創造活動の結果である音楽・映像、コンピュータソフトウェアなどの著作物等は、知的財産と呼ばれ、法律によって権利化しています。

具体的には工業所有権4法(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)や著作権法などにより保護される各種の権利を言います。

知的財産を保護し、知的財産権侵害事犯を根絶するため、一人一人が、不正商品を「買わない」、「持たない」、「許さない」という意識を高めましょう。

不正商品(コピー商品)とは?

  • 有名ブランドのマーク、デザインなど本物に似せて作られた偽造商品
  • 映画のビデオ、DVD、音楽CD、コンピュータソフトウェアなどをコピーした商品
  • 偽キャラクター商品
  • 漫画やアニメの登場人物を無断で使用した商品

等の「海賊版」のことで「コピー商品」とも言われています。

おかしいな、と思ったら警察本部又は最寄りの警察署にご連絡ください。

  • インターネットを利用して有名ブランド商品や海外有名映画のDVDやビデオを安い値段で購入したが、これはニセモノではないか。
  • 駅前の露店でブランド商品を定価の半額以下で販売している。
  • 「ブランド商品を売っている店があるが、粗悪なものが多い。」という評判を聞いた。
  • レンタルビデオ店に行ったら、コピーした題名やカラーコピーしたラベルを貼った映画のビデオテープ、DVDを貸し出していた。

お問い合わせ

京都府警察本部生活経済課

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地