ホーム > 京都府警察の紹介 > 警察の活動 > 通信指令センターの働き

ここから本文です。

通信指令センターの働き

110番のしくみ

あなたが事件や事故を見て110番通報すると、警察では次のようにして現場に警察官を急行させます。

事件・事故発生から110番通報まで

110番通報の電話は、すべて警察本部通信指令センターにつながります。

一言・・・

事件発生から警察官が現場に到着するまでの時間が短いほど、犯人を捕まえる確率が高くなります。ためらわず、すぐに110番通報してください。

110番通報の受付け

110-1

こちらからの質問にお答えください。警察官が事件・事故の発生現場付近の住所、目標物、電話番号等をコンピュータに入力すると、瞬時に付近の住宅地図が表示されます。

無線指令及び緊急配備

110-2

通報内容をもとに、現場から最も近いパトカーと管轄警察署に無線指令を行い、警察官を急行させます。

さらに、強盗などの重要事件の場合は、直ちに犯人の逃走予想範囲をコンピュータで計算し、検問などを行うよう緊急配備を発令します。

一言・・・

110番通報の内容を聞きながら指令しています。落ち着いて、慌てずにお答えください。

現場急行

110-3

指令を受けた警察官やパトカーは、直ちに現場急行します。また、必要により警察ヘリコプターとともに、空陸一体となった活動を行います。

一言・・・

カーロケータシステムにより、いち早くパトカーが現場まで急行できます。

見学のご案内

通信指令センターは、広報センターの見学コースを予約していただくと、実際にご覧いただけます。

(予約は京都府警察本部広報応接課 電話075-451-9111まで)

お問い合わせ

京都府警察本部通信指令課企画指導係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地