ここから本文です。

森林技術センター

森林技術センターのホームページへようこそ。

メニューは右側にあります。

森林部建物

緑化センター桜

 

「国際森林シンポジウム(育林交流集会)」の御案内

第40回全国育樹祭併催行事として開催しますので、是非お越しください。

植える、育てる、使う、そして植える。日本では森林の循環サイクルが暮らしに根付き森林を守ってきました。伝統と文化の中で森林をはぐくんできた京都で、海外の事例も交え、これからの森づくりを語ります。

日時:平成28年10月8日(土曜日)12時から15時50分(受付は11時15分から始めます。)
プログラム内容:
12時00分歓迎アトラクション:佐伯灯籠(人形浄瑠璃:国指定重要無形民俗文化財)
12時15分みどりのメッセージ:飯塚帆南氏(ミス日本みどりの女神)
「REDD+を通じて見たインドネシアの森林事情」
12時40分開会式典
13時00分基調講演:皆川芳嗣氏(株式会社農林中金総合研究所理事長)
「これからの日本の林業・循環利用に向けて」~いにしへの、人の植ゑけむ、杉が枝に~
13時50分事例報告・パネルディスカッション

事例報告

  • 「コンテナ苗の活用と課題について」奥田史郎氏(国立研究開発法人森林総合研究所関西支所森林生態研究グループ長)
  • 「ニホンジカの個体数増加と森林環境の変化」高橋裕史氏(国立研究開発法人森林総合研究所関西支所野生鳥類管理担当チーム長)
  • 「CLTの取組と今後の木材利用について」中島浩一郎氏(銘建工業株式会社代表取締役社長)
  • 「持続可能な森林環境の保全について」シルヴァン・ラベ氏(カナダ・ケベック州木材製品輸出振興会理事長)

コメンテーター:リチャード・ヴァービスキー氏(国際モデルフォレストネットワーク事務総長)

コメンテーター:上練三氏(林野庁森林整備部研究指導課長)

コーディネーター:田中和博氏(京都府立大学副学長、京都モデルフォレスト協会副理事長)

15時50分閉会
会場:ガレリアかめおか(京都府亀岡市余部町宝久保1-1)

駐車場には限りがありますので、会場へは公共交通機関でお越しください。

アクセス(外部リンク)はガレリアかめおかHPを御覧ください。

 

国際森林シンポジウム臨時直通便(京阪京都交通バス)を出します(運賃大人片道160円を御用意ください。)。

行き:JR亀岡駅改札口を出て、南口をエスカレータで降りた3番バス乗り場→ガレリアかめおか

  • 11時15分JR亀岡駅前発→11時22分ガレリアかめおか着(バス2台)
  • 11時40分JR亀岡駅前発→11時47分ガレリアかめおか着

帰り:ガレリアかめおか正面玄関→JR亀岡駅前(ガレリアかめおか前停留所は、16時から19時30分まで休止)

  • 15時50分ガレリアかめおか→15時57分JR亀岡駅(バス2台)

 

御来場記念品プレゼント(定員500名限り)

 

開催内容については国際森林シンポジウムチラシ(PDF:2,328KB)を御覧ください。

当日申込みも可能ですが、できるだけ事前にお申し込みください。事前申込書(PDF:1,242KB)

木製治山構造物技術指針(案)を公開しました

木製治山構造物技術指針(案)(耐久性を期待する木製治山構造物の設計・施工・維持管理)(PDF:2,596KB)

本技術指針(案)は、農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「生態系保全のための土と木のハイブリッド治山構造物の開発」(平成24~26年度実施)の成果です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部森林技術センター

船井郡京丹波町本庄土屋1番地

電話番号:0771-84-0365

ファックス:0771-84-0366

ngc-shinrin@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?