ここから本文です。

けいはんなロボット技術センター ご利用案内 Use Guide

top concept guide Event access
 

ご利用内容・料金 ご利用時間 ご利用手続き 利用申込書及び注意事項

ロボット技術センター3D映像(センター利用者様には3D点群データも提供可能)(外部リンク)

 ご利用内容・料金(税込) Contents & Fee

(注)カッコ内:割引料金(対象:KICK入居者、KICKシェアードオフィス会員、府内に本社または拠点がある中小企業者のいずれかに該当する方)

モバイルロボットゾーン Aゾーン 400円(320円)/h Bゾーン 300円(240円)/h

各種ロボット、ドローンの走飛行、開発・実証等のための利用が可能です。モバイルロボットゾーンの写真

  • 面積 Aゾーン:630平方メートル Bゾーン:480平方メートル
  • 天井高:5m(他ゾーンも同様)
  • 床の材質:カーペット(他ゾーンも同様。一部コンクリート)
  • 床の耐荷重:500kg/平方メートル(他ゾーンも同様)

 

ご利用例

モーションキャプチャ―ゾーン 1,220円(980円)/h (2019年9月30日まで 1,200円(960円)/h)

ロボット、人などの位置測位、動作検証、CG制作等のための計測用として、ロボットへのティーチング、自動制御システム、VR制作等のためのセンサー用としてなど、様々な用途でのご利用が可能です。<OptiTrack「Prime 17W」>

  • 面積:160平方メートル(約18m×9m) ○カメラ台数:10台
  • マーカー:100個、ボディースーツ2着(Mサイズ) ○キャリブレーション機材
  • PC:2台
    計測ソフトMotive:(1)事前調整(キャリブレーション等)(2)計測(3)後処理(補間等)
    解析ソフトSKYCOM:(4)解析表示(データ比較、ロボット等座標系へのデータ変換等)

注※計測データ等のCSV出力、USBメモリでの持ち帰り可(持ち帰って(3)後処理や(4)解析表示を行う場合は、別途Motive、SKYCOMのライセンス取得が必要(有料))

注※ロボット等活用先において、予めアキュイティー(株)のHPからSDK(無料)をインストールし、活用システムを構築する必要あり

ご利用例

協調ロボットゾーン 100円(80円)/h

各種ロボット等の開発・実証、展示のための利用が可能です。

  • 面積:160平方メートル

 

ご利用例

ROS対応走行ロボットJackal 760円(610円)/h (2019年9月30日まで 750円(600円)/h)

ROSパッケージが実装されたオンボードPC、GPSおよびIMUを内蔵し、自律走行の研究開発を即座に始められる走行プラットフォームで、自律走行システム等各種開発のためのご利用が可能です(LiDARユニットVLP-16を搭載)ロボットJackalの写真

  • 外形寸法:508×430×250mm
  • 本体重量:最大20kg程度
  • 最大可搬重量:17kg
  • 最高速度:2.0m/秒
  • 稼働時間:4時間
  • 電源:リチウムイオンバッテリー270Wh
  • 通信:Ethernet、USB 3.0、RS232、IEEE1394
  • 保護等級IP62に準じた高い防水性を備えています。

 

ご利用例

ドローン DJI MAVIC 2 ZOOM 100円(80円)/h

搭載システムの開発、ロボット等の空中撮影、飛行訓練等のためにご利用が可能です。MAVIC2

  • カメラは光学2倍ズーム(24-48mm)、12MP・1/2.3インチCMOSセンサー
  • 全方向障害物検知機能を搭載
  • 最大飛行時間(無風):31分(25km/hの一定速度で飛行時)
  • 最大飛行距離(無風):18km(50km/hの一定速度で飛行時)
  • 動作周波数:2.4~2.483 GHz

 

ご利用例

VR用HMD HTC VIVE PRO (2台有) 1台100円(80円)/h

ハイレゾ対応で高解像度ディスプレイにより、長時間没入感の高いVR体験が可能なVR用ヘッドマウントディスプレイです。

  • スクリーン:デュアルAMOLED 3.5インチ(対角)
  • 解像度:片目あたり1440 x 1600ピクセル(合計2880 x 1600ピクセル)
  • VR用PC Acer Nitro N50-600 N50-600-N78G/G6

その他の機器

  • RFIDタグシート100枚:100円(80円)
  • プロジェクタ リコー PJWX4152N:100円(80円) エプソン EB-U42:100円(80円)
  • スクリーン:100円(80円) 
  • ビデオカメラ ソニー HDRCX470/B:100円(80円) パナソニック HC-V480MS-W:100円(80円)
  • 剛性面での最適形状デザイン、機械的強度解析、熱解析などが可能な 「高速開発支援センター」機能も、同じKICK内でご利用可能にです。

 ご利用時間 Available time

平日9時~17時(土日祝日、年末年始(12月29日~1月3日)等を除きます。)

 ご利用手続 Process

(1)空き状況を電話でご確認・仮予約

  • KICK事務局までお電話を! TEL:0774-66-7545 受付時間:平日8時半~12時、13~17時

(2)お申込み、お支払

パターン1
  1. 利用申込書をメール送信
    KICK事務局あて <E-Mail>kick@ki21.jp 注※件名の最初に「【ロボットセンター申込】」を必ず添えてください
  2. 料金現金払(ご利用当日)
    ご利用当日、印鑑をお持ちになり、KICK事務局にて現金でお支払いください。注※釣銭が出ないようお願いします(領収書お渡しします。)。
パターン2
  1. 利用申込書を郵送(ご利用10日前までに)
    KICK事務局あて <送付先>〒619-0294 木津川市木津川台9丁目6 相楽郡精華町精華台7丁目5番地1(公財)京都産業21 けいはんな支所
  2. 料金振り込み(ご利用当日までに)
    請求書を送付しますので指定の口座にお振込みください

 利用申込書及び注意事項 Application

利用申込書
注意事項
  • 平日午前9時00分~午後5時00分まで(1時間単位で御利用いただけます)
  • 連続して利用する場合、原則として、最大7日までです
  • 日をまたがって連続して使用する場合でも、午後5時以降翌日午前9時までは利用料金計算対象外となりますので、利用時間から除外してください
  • センター内でのWi-Fiの利用料金を含みます
利用条件
  • 職員の指示に従い利用すること。
  • 利用者は、ロボット等を持ち込む場合は、自己の責任において管理すること。
  • 利用者は、貸出ゾーン及び貸出ロボット・機器類を損壊し、又は滅失したときは、財団の指示に基づき、原状に回復して返還、又は、損害を賠償すること。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?