ここから本文です。

丹後天橋立大江山国定公園

半島の様々な海岸線と里山の自然と文化、そして鬼の集う大江山連峰

平成19年8月3日に指定された国定公園です。

 

地図

この公園は、若狭湾国定公園に含まれていた天橋立など丹後半島の海岸地区が指定替えされ、半島中央部の世屋高原地区、そしてその南の大江山連邦地区が一体となり、新たな国定公園として誕生しました。海岸部には、日本三景の1つ「天橋立」をはじめ、リアス式海岸、河岸段丘や海食洞など変化に富んだ地形と美しい景色が連続しています。

世屋高原には、高層湿原の大フケ湿原、深い谷を蛇行する宇川、須川渓流などの豊かな自然の造形が見られ、そこには希少な動植物が多数生息しています。また、棚田が広がる山麓など人の生活と密着した里山は、地域の歴史文化に育まれてきた多くの人の懐かしいふるさとの光景があります。

大江山連峰は、登山が楽しめるほか、酒呑童子など鬼の伝説と合わせて三重県の「伊勢神宮」の元になったとも言われている「元伊勢内宮・外宮」、「天の岩戸神社」などの文化景観もあり、見どころがいっぱいです。

丹後松島 大フケ湿原

大内峠 ブナ林(鬼嶽稲荷神社)

毛原の棚田

丹後天橋立大江山国定公園アクセスマップ

 アクセスマップ

さらに詳しい地図情報を見る(京都府・市町村共同地理情報システム)(外部リンク)

丹後天橋立大江山国定公園 

 

所在地

福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市、

伊根町、与謝野町

面積 19,023ヘクタール(京都府域)

 

 

 

お問い合わせ

環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4706

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?