ここから本文です。

府税のコンビニ納税

京都府では、納税者の皆様の利便性向上の一環として、すべての税目がコンビニで納付していただけるようになりました。

利用できるコンビニ

納付可能なコンビニは、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ニューヤマザキデイリーストア、ヤマザキスペシャルパートナーショップ、セイコーマート、ハマナスクラブ、ポプラ、くらしハウス、スリーエイト、生活彩家、MMK設置店(ウエルシアは収納窓口サービス取扱店表示があるお店)、コミュニティ・ストアの各店舗です。
これらのコンビニであれば、全国どこでも、24時間、府税を納めていただくことができます。

各コンビニのロゴマーク等(外部リンク)

(京都府のホームページを離れ、株式会社電算システム(収納代行業者)が運営するサイトに移動します。)

コンビニで納付できる場合

コンビニで納付できるのは、以下の条件を満たす場合です。
お手持ちの納付書がコンビニで納付できるかどうか、お確かめください。

1納付書に印字された「コンビニでの取扱期限」内である

取扱期限を過ぎた納付書を用いて、コンビニで納付することはできません。お近くの府税の窓口、金融機関でお支払いください。

府税の窓口一覧はリンク先ページをご覧ください

府税の納付が可能な金融機関についてはリンク先ページをご覧ください

2バーコードが印字された、コンビニ納付可能な納付書である

バーコードの読み取りができない場合は、お取扱いできません。

3印字された金額が30万円以下である

4印字された金額の全額を納付する

印字された金額を修正された場合には、コンビニで納付していただくことができません。
既に廃車された自動車で、自動車税の減額が確実な場合など、印字された金額よりも少ない額を払い込みたい場合には、お手数ですがお近くの府税の窓口で納付いただくか、府税の窓口に連絡していただき、払い込みたい額での納付書の再発行を受けてください。

府税の窓口一覧はリンク先ページをご覧ください

コンビニ納税に関するQ&A

Q1どうしてコンビニ納税ができるようになったのですか。

A1ライフスタイルの変化により、単身世帯の方、共働き世帯の方が増加し、「平日の昼間に金融機関の窓口に行くことが困難」という声が多く寄せられていました。
京都府では、平日の夜間に窓口を開設するなど、納税者の利便性向上に取り組んできましたが、アンケートを実施した結果、多くの方からコンビニ納税のご要望があり、平成16年12月から自動車税のコンビニ納税を開始、平成23年12月からはすべての税目でコンビニ納税が可能となりました。

Q2自動車税について、コンビニで納税しても車検に必要な納税証明書は貰えますか。

A2納税証明書が右端についた4連の納付書をお持ちの場合、コンビニで納付していただいても、納税証明書にも領収印が押されることになっています。
領収印が押されていれば、金融機関や府税の窓口で納付いただいた場合と同様、納税証明書として有効です。
納税証明書は紛失しないよう、自動車車検証と一緒に大切に保管してください。

関連ページ

お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?