京都ジョブパーク 総合就業支援拠点

ここから本文です。

アビリンピック(障害者技能競技大会)

トピックス

アビリンピックとは

  • 障害のある方々が日ごろ培った技能を競う大会です。
  • 職業能力の向上とともに、障害のある方々に対する理解と認識を深め、雇用の促進を図ることを目的として開催しています。
  • 京都大会と全国大会があります。

注※「アビリンピック」(ABILYMPICS)は、「アビリティ」(ABILITY・能力)と「オリンピック」(OLYMPICS)を合わせて作られた愛称です。

京都大会

平成15(2003)年に第1回大会を開催し、今年度で18回を迎えました。
(第18回大会は、開催中止となりました。)

第18回アビリンピック京都大会(開催中止)

  • 日時:令和3年2月27日(土曜)中止
    新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の発令・延長により中止となりました。
  • 第41回アビリンピック全国大会に向けた京都府代表選手選考会を別途開催しました。

第17回アビリンピック京都大会

大会の結果について

第16回アビリンピック京都大会

大会の結果について

過去の京都大会結果

全国大会

昭和47(1972)年に第1回大会が開催され、令和2年11月には第40回大会が、愛知県で開催されました。

第40回アビリンピック全国大会

令和2年11月に愛知県で開催された大会に京都府からは10名が参加し、2名が入賞しました。

なお、今大会は第10回国際アビリンピック(令和3年5月ロシア連邦にて開催予定)派遣選手の選考をかねており、参加選手のうち1名は招聘選手として参加しました。招聘選手は全国大会の表彰対象とはなっていません。

第39回アビリンピック全国大会

令和元年11月に愛知県で開催された大会に京都府からは9名が参加し、1名が入賞しました。

第38回アビリンピック全国大会

平成30年11月に沖縄県で開催された大会に京都府からは7名が参加し、1名が入賞しました。
入賞者が知事へ表敬訪問されました(平成30年12月18日)

第37回アビリンピック全国大会

平成29年11月に栃木県で開催された大会に京都府からは6名が参加し、1名が入賞しました。
入賞者が知事へ表敬訪問されました(平成29年12月20日)

過去の全国大会結果

国際大会

国際アビリンピックは、1981(昭和56)年の国際障害者年を記念して、東京で第1回大会が開催されました。
以降概ね4年に1回開催され、平成27年度は第9回大会がフランスで開催されました。

第9回国際大会(ボルドー)(外部リンク)

参考(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構ホームページ)

お問い合わせ

商工労働観光部雇用推進室

京都市南区東九条下殿田町70 京都テルサ 西館3階

ファックス:075-682-8924

koyosuishin@pref.kyoto.lg.jp