トップページ > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 こども・青少年総合対策室 > 京都府子育て環境日本一推進会議×WEラブ赤ちゃんプロジェクトについて

ここから本文です。

京都府子育て環境日本一推進会議×WEラブ赤ちゃんプロジェクトについて

令和3年11月3日に開催した「きょうと子育て環境日本一サミット」をきっかけに、子育てをみんなで支え合う風土を築くため、オール京都で「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」の啓発活動を始動しました。

「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」とは

エッセイストの紫原明子氏の呼びかけにより、エキサイト(株)が運営するママ向webサイト「ウーマンエキサイト」がプロデュースしているプロジェクトです。

公共の場で泣き始めた赤ちゃんを、懸命に泣き止ませようと焦るママの姿をきっかけに始まった取り組みで、周囲が「焦らなくても大丈夫」「泣いても気にしませんよ」という受容の気持ちをステッカー等で見える化することでママ・パパを優しく見守り、子育てにあたたかな風土をつくります。

  • WEラブ赤ちゃんプロジェクト「泣いてもいいよ!」ステッカー誕生のきっかけ

(発起人の紫原明子氏(エッセイスト)から京都府の皆様へのビデオメッセージ)
https://youtu.be/Hff7s9wOcA4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WEラブ赤ちゃんプロジェクト賛同宣言集合写真

オール京都で「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」賛同

「子育て環境日本一」の実現に向けて、子どもや子育て世代を社会全体であたたかく見守り支え合うオール京都の推進体制を構築するため設置された「京都府子育て環境日本一推進会議(52団体で構成)」は、子育て世代を応援するため、「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」に賛同しました。

経済界・各種団体・行政等が共同で賛同するのは全国初となります。

京都府限定の「泣いてもかましまへん!」ステッカーを作成しましたので、あたたかい気持ちをぜひ身の回りのものに貼っていただき、子育てに励むママ・パパにエールを送りませんか?

泣いてもかましまへんステッカー

「泣いてもかましまへん!」ステッカーの配布場所

JR京都駅(中央口改札内・ベビーケアルーム扉横のラック)など主要5駅、京都駅ビル8階の旅券事務所のほか、各地の府の施設や市町村・区役所の施設でステッカーを配布しています。

鉄道の駅

  • JR西日本(JR京都駅、JR長岡京駅、JR亀岡駅、JR宇治駅、JR福知山駅)

きょうと子育て応援施設

京都府の施設

市町村の施設

  • 各市町村・区役所の子育て支援事業担当課

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(子育て環境推進係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp