トップページ > 暮らし・環境・人権 > 食品ロス削減に向けた取組

ここから本文です。

食品ロス削減に向けた取組

食べられるのに廃棄される食品「食品ロス」は、日本では年間約600万トンを超えており、そのうち約半分は家庭から発生していると言われています。食品ロス削減の取組を府民運動として推進します。

京都府「食べ残しゼロ推進店舗」認定制度

食材を使い切る工夫や食べ残しを出さない工夫等を実践している店舗を、「食べ残しゼロ推進店舗」として認定します。

食べ残しゼロ推進店舗(飲食店・宿泊施設版)店舗一覧 食べ残しゼロ推進店舗(食品小売店版)店舗一覧

食品ロス削減啓発リーフレット等

食品ロスを削減するため、「てまえどり」を推進するPOPや生活の中で実践できる取組等を紹介したリーフレット等を作成し、府内の食品小売店や京都府庁生協食堂のほか、「食べ残しゼロ推進店舗」等に設置しています。
※商品棚の手前にある商品や値引き商品など、販売期限が短い商品から積極的に選ぶ購買行動

手前どりPOP

映像教材・レシピ集

京都府では、ホームページやSNSを通して、食品ロス削減に向けた啓発動画を発信しています。
各リンク先よりご覧ください。

1.食品ロス削減啓発映像
  食品ロスを減らそう! ~残さず おいしく いただきます!~(外部リンク)

 

2. 「食の府民大学」(映像教材)として、5分程度の動画とレシピ集を公開しています。
 (1)食べきりクッキング
 ・野菜ソムリエ考案「食材別使い切りレシピ」
 ・大学生考案「ムダなく使うレシピ」、「おかずのアレンジレシピ」

 (2)食材の適切な保存方法
 ・野菜ソムリエによる「野菜の保存方法」
 ・整理収納アドバイザーによる「冷蔵庫の整理収納」

京都府食品ロス削減府民会議

府民や食品関係事業者、行政等が一体となって、食品ロスの削減に向けた取組を進めるため、京都府食品ロス削減府民会議を設置し、食品ロス削減のための施策の実施に向けて議論していきます。

府民向け研修会

府民一人ひとりが「食品ロス」について考え、削減の方法を学ぶきっかけを作るため、研修会を開催しました。

関連リンク

「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」の趣旨に賛同する自治体間で、広く全国で食べきり運動等を推進し、以て3Rを推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワーク

お問い合わせ

府民環境部循環型社会推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4710

junkan@pref.kyoto.lg.jp