ホーム > 安全な暮らし > サイバー犯罪対策 > 迷惑メールに関するもの

ここから本文です。

迷惑メールに関するもの

スパムメール、不要な広告メールが頻繁に送られてくる

回答

スパムメール等が頻繁に送られてくる場合、メールアドレスが送信業者の利用しているリストに登載されてしまっているものと思われます。当該業者が送信を停止しても、同リストは拡散していくので、メールアドレスを変更するのが最良の対策と思われます。また、不審なメールや添付ファイルは開かず、削除するようにしてください。

なお、迷惑メールについては、財団法人日本データ通信協会及び財団法人日本産業協会が情報提供を受け付けています。

メールのリンクをクリックしたら料金をいきなり請求された場合

対策

  • 迷惑メール受信拒否設定をする。
  • 英字、数字、記号を含んだ複雑なメールアドレスにする。
  • 必要以上に個人情報をインターネット等で入力したり公開しない。

情報提供受付窓口

参考リンク

自分のメールアドレスを悪用した、いやがらせのメールが送付されている

回答

なりすましメールに対しては、メールアドレスを変更し、むやみに他人に教えたり公開しないことが最も効果的な対策方法です。

また、メールの内容や諸事情によっては、脅迫罪やストーカー規制法違反等に該当することも考えられます。そのような場合は、メールデータを記録保存、印刷して最寄りの警察署に相談してください。

警察署に行かれる際は、事前に電話で担当者と日時の調整をしてください。

対策

  • 英字、数字、記号を含んだ複雑なメールアドレスに変更する。
  • 必要以上に個人情報をインターネット等で入力したり公開しない。

送られてきたメールの添付ファイルを開いてからパソコンが異常な動作をする

回答

パソコンが異常な動作をしたり、ウィルス感染が疑われる場合は、

  • ウィルス対策ソフトでウィルス駆除を行う。
  • 「システムの復元」機能等を利用して、請求画面が表示される以前の状態に戻す。
  • 上記2つの方法でも回復しない場合は、システムの再インストールを行いパソコン購入時の状態に戻す。

知らないメールアドレスから、「会議の案内」や、「訃報」と称して送られてくるメールの添付ファイルを不用意に開いてしまうと、ウイルスに感染してしまうおそれがあります(中には、ウイルスに感染したメールをプレビューしただけで、そのウイルスに感染してしまうケースもあります。)。

また、身元が確実な相手からのメールでも、相手がウイルスに感染していれば、その意志に反してウイルスが添付されたメールが自動送信されてくることもあります。相手に何の目的でどんなファイルを添付したかを確認した上で開くようにする必要があります。

ウイルスは、メールからの感染だけでなく、USBメモリやSDカード等の外部記録媒体から感染する危険性もあるので、外部記録媒体に記録されているファイルを開くときにも、事前にウイルスチェックを行うなどの注意が必要です。

対策

  • 不審なファイルは開かない
  • メール送受信ソフト、ブラウザ等のソフトウエアを最新版にする
  • ウイルス対策ソフトをインストールし、常に更新する
  • ウイルス対策ベンダーや関係機関等の提供する情報に注意する
  • ウイルスに感染してしまったときには、システムを再インストールする必要があることから、定期的にデータのバックアップを取っておく 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部サイバー犯罪対策課ネットセキュリティ・サポートセンター

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地