ホーム > 安全な暮らし > サイバー犯罪対策 > 不正アクセスに関するもの

ここから本文です。

不正アクセスに関するもの

ID、パスワードを勝手に利用された

回答

ID、パスワードを勝手に利用され、メールを盗み見されたり、サービスを利用されたりした場合、不正アクセスされている可能性があります。プロバイダやサービスの管理者に状況を確認の上、関係資料(サービスの管理者等とのメールのやり取りや、ログオン履歴等を印字したもの)を持参して、お住まいの都道府県のサイバー犯罪対策部署(外部リンク)又は最寄りの警察署に相談してください。

警察本部又は警察署に行かれる際は、事前に電話で担当者と日時の調整をしてください。

対策

  • 容易に推測できるパスワードを設定しない。
  • パスワードを他人に教えたり紙等に書いたりしない。
  • ネットカフェの端末など、不特定多数の者が使うパソコンではなるべくパスワードを入力しない。
  • メール等での問い合わせで不用意にパスワードを入力しない。

お問い合わせ

京都府警察本部サイバー犯罪対策課ネットセキュリティ・サポートセンター

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地