ホーム > 京都府警察の紹介 > 京都府警察のしくみ

ここから本文です。

京都府警察のしくみ

警察の組織と仕事の内容

京都府公安委員会

京都府警察本部

総務部

  • 公安委員会補佐室
  • 総務課
  • 情報管理課
  • 広報応接課
  • 会計課
  • 装備課
  • 留置管理課

本部の総務部では、公安委員会の庶務、文書の管理や情報公開、コンピュータの運用管理、情報通信技術を駆使した業務や捜査の支援、府警ホームページの運用、音楽隊やカラーガード隊による広報活動、報道機関との連絡調整、警察安全相談や警察に対する苦情等への対応、警察署協議会に関する事務、会計事務(遺失・拾得関係を含む)、各種装備品の活用、留置施設の管理や留置されている者の看守、護送などの業務を行っています。
警察署では、会計課が本部の会計課の業務を担当しています。

警務部

  • 警務課
  • 厚生課
  • 教養課
  • 監察官室

本部の警務部では、警察官や警察事務職員の採用・人事、犯罪被害者等への支援、健康管理を始めとする職員の福利厚生、各種職員研修や柔道・剣道・逮捕術などの警察術科指導、各所属に対する指導監察など、組織運営や警察活動のバックアップ業務を行っています。
警察署では、警務課が本部の総務部(会計業務を除く)及び警務部の業務を担当しており、職員が全力で仕事に取り組むための職場環境の整備、その他様々な支援をしています。

生活安全部

  • 生活安全企画課
  • 生活安全対策課
  • 少年課
  • 生活経済課
  • サイバー犯罪対策課

本部の生活安全部では、サイバー犯罪や悪質商法、風俗事犯等の取締り、犯罪抑止や少年非行防止活動、風俗営業等の許可に関する業務などを行っています。
犯罪抑止や少年非行防止活動において、地域や学生の方々と協働して、広報啓発や防犯パトロール等に取り組んでいるほか、ストーカーやDV事案等に対しては、被害者の安全を早急に確保するなど、府民の生活の安全・安心を守るための活動を推進しています。
警察署では、生活安全課が本部の生活安全部の業務を担当しています。

地域部

  • 地域課
  • 通信指令課
  • 機動警ら課
  • 鉄道警察隊

本部の地域部では、パトカーやヘリコプター、船舶を活用したパトロールや事件・事故等の初動対応、110番通報の受理と通報に伴う警察署等への指令業務、鉄道警察隊による鉄道施設や列車内における犯罪の警戒・検挙活動、祭礼行事等の雑踏警備や平安騎馬隊による学校周辺での登下校時のパトロール等を行っています。
警察署では、地域課が本部の地域部の業務を担当しており、交番や駐在所等を拠点としたパトロールや家庭や店舗を訪問する巡回連絡等を行っています。

刑事部

  • 刑事企画課
  • 捜査第一課
  • 捜査第二課
  • 捜査第三課
  • 鑑識課
  • 組織犯罪対策第一課
  • 組織犯罪対策第二課
  • 組織犯罪対策第三課
  • 科学捜査研究所
  • 機動捜査隊

本部の刑事部では、刑事手続きに関する指導や犯罪情勢の分析、凶悪犯罪や知能犯罪、窃盗犯罪、暴力団による犯罪、来日外国人などによる国際犯罪、薬物・銃器に関する犯罪等の捜査、事件現場での鑑識活動やDNA型鑑定などの科学捜査、覆面パトカーの機動力を生かした初動捜査活動を行っています。
警察署では、刑事課が本部の刑事部の業務を担当しており、犯罪の態様が時代とともに複雑化し、国際化する中、多種多様な犯罪に毅然と立ち向かい、検挙活動に取り組んでいます。

交通部

  • 交通企画課
  • 交通規制課
  • 交通指導課
  • 交通捜査課
  • 運転免許試験課
  • 交通機動隊
  • 高速道路交通警察隊

本部の交通部では、幼児から高齢者までの幅広い年齢層への交通安全教育、速度規制や通行規制等の交通規制、信号機や横断歩道等の交通安全施設の整備、白バイやパトカー等による交通指導取締り、交通関係法令違反事件の捜査に関すること、交通事故事件の捜査や交通鑑識、運転免許に関する事務などを行っています。
警察署では、交通課が本部の交通部の業務を担当しています。

警備部

  • 警備第一課
  • 警備第二課
  • 公安課
  • 警衛警護課
  • 外事課
  • 機動隊

本部の警備部では、国際テロリスト、過激派、右翼等によるテロ、ゲリラ事件を始めとする国家を揺るがす事態の未然防止やスパイ事件の摘発、密入国者の取締り、政府機関等へのサイバー攻撃対策、京都に入洛する国内外の要人の警護等を行っています。
また、南海トラフ地震等の災害を想定しての被害予測や、局地的豪雨や台風等による土砂災害等の実態を踏まえた災害警備訓練等により対処能力の向上に取り組むなど、あらゆる危機事象に即応できる危機管理体制の充実・強化を図っています。
警察署では、警備課が本部の警備部の業務を担当しています。

市警察部

  • 企画課

京都市警察部は、京都府警察本部の下部機関として設置され、京都市や関係機関との連絡調整の他、京都市域における警察運営の総合企画などの業務を行っています。
京都市との協定に基づく治安対策においては、京都市の他、京都市域に所在する警察署と連携した取組を推進しています。

警察学校

警察署

(25署)

  • 川端警察署
  • 上京警察署
  • 東山警察署
  • 中京警察署
  • 下京警察署
  • 下鴨警察署
  • 伏見警察署
  • 山科警察署
  • 右京警察署
  • 南警察署
  • 北警察署
  • 西京警察署
  • 向日町警察署
  • 宇治警察署
  • 城陽警察署
  • 八幡警察署
  • 田辺警察署
  • 木津警察署
  • 亀岡警察署
  • 南丹警察署
  • 綾部警察署
  • 福知山警察署
  • 舞鶴警察署
  • 宮津警察署
  • 京丹後警察署

階級と職名

巡査

  • 係員

巡査長

  • 係員

巡査部長

  • 主任

警部補

  • 係長

警部

  • 本部の次席、課長補佐等
  • 警察署の課長等

警視

  • 本部の課長、次席等
  • 警察署長、副署長等

警視正

  • 本部の部長、警察学校長
  • 警察署長等

警視長

  • 本部の部長

警視監

  • 警察本部長

お問い合わせ

京都府警察本部警務課企画第一係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111