ホーム > 申請・手続 > 警備業・探偵業・質屋営業・古物営業 > 交通誘導警備業務にかかる検定合格警備員の配置を必要とする路線

ここから本文です。

交通誘導警備業務にかかる検定合格警備員の配置を必要とする路線

警備員等の検定等に関する規則(平成17年国家公安委員会規則第20号)第2条の表の6の項の上欄の規定により、道路における危険を防止するため、交通誘導警備業務にかかる検定合格警備員の配置を必要と認める交通誘導警備業務は、平成19年7月12日から次に掲げる路線の京都府の全域において行わなければなりません。さらに、平成29年7月10日から、国道307号他3路線が追加されました。

路線

  • 国道1号
  • 国道9号
  • 国道24号
  • 国道27号
  • 国道162号
  • 国道163号
  • 国道171号
  • 国道175号
  • 国道176号
  • 国道178号
  • 国道307号
  • 府道八幡木津線(府道22号)
  • 府道小倉西舞鶴線(府道28号)
  • 府道梅津東山七条線(府道113号)

配置が必要な検定合格警備員は、平成17年11月の改正警備業法施行後に合格証明書の交付を受けている警備員です。

旧検定合格証を持っておられる方は、新たな検定合格証明書に切り替える手続きを行ってください。

この切り替え手続きについては、検定合格者審査又は書面審査(試験免除)がありますので、詳しくは、「警備業関係講習等ご案内」のページをご覧ください。

平成29年7月10日から、新たに4路線が追加されました。

追加された路線

  • 国道307号
  • 府道八幡木津線(府道22号)
  • 府道小倉西舞鶴線(府道28号)
  • 府道梅津東山七条線(府道113号)

お問い合わせ

京都府警察本部生活安全企画課許可等事務審査室 防犯営業係

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111