ここから本文です。

輸出【京都「食の世界便」プロジェクト】

TOP 商品開発 インバウンド 輸出

世界便アウトバウンド

京都「食の世界便」輸出支援編リーフレット(PDF:494KB)

趣旨対象企業・商品輸出ルート推進チーム輸出関連情報 

「Kyoto Japan in Dubai(ドバイ史上初の日本・京都展)」
2023年1月22日~24日開催!出展募集

 

食の世界便セミナー(開催レポート)

趣旨

輸出ルート企業と連携し、食の輸出を支援します!

国内の人口減少、原材料の高騰など日本の食品業界を取り巻く環境が厳しさを増す一方、海外での日本の食品への関心拡大、冷凍技術の進展、円安の進行など、海外市場に展開する大きなチャンスを迎えています。

そこで、本府これまで取り組んでまいりました「京都府農林水産物・加工品輸出促進協議会」による普及啓発等をはじめ、海外商談会やアンテナショップへの出展、テストイベントの開催などの取組に加え、今回、既に輸出ルートをお持ちの企業と連携して「国内取引で輸出ができる」恒常的な仕組みを構築してまいります。

これにより、たとえ初めて輸出に取り組む企業様であっても、強い意欲と柔軟な体制、一定以上の賞味期限を有する商材を備えれば、輸出に挑戦できる機会を数多く生み出してまいりたいと考えています。ぜひ、ご関心のある食品企業様、ご連絡ください(推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

特徴:輸出ルート企業と連携!

  • 「本気」と「一定の賞味期限の商材」があれば、初めてでも挑戦しやすい国内取引から輸出可能!
  • 企業様が単独・個別に輸出ルート企業を開拓する必要がなく、京都府(ものづくり振興課)から、複数の輸出ルート企業に同時に商品企画書を提供するため、手間は小さくチャンスは広く!
  • 現地のファンづくりも並行して実施(予定)!

対象企業・商品

「世界中に同じようなものでもっと安いものもあるし、地産地消の方がいいから、現地ディストリビューターに採択されるのは容易ではありません」「だけど、新しい商材は常に求められているし、世界中のいろんな商材を組み合わせて新しい商品が生まれてもいるし、どんどんチャレンジしていきましょう」「今月採択されなくとも、2ヶ月後に採択されることだってあるんですから」
これらは、輸出ルートの皆さんのご意見です。空振りが続くかもしれませんが、打席に立つことが重要なのです。

各国の市場(消費者)の意向、政府の方針等に合わせ、様々な変更要求への対応も求められるのが輸出です。それを乗り越えてでも輸出にチャレンジするという、経営トップの強い覚悟、迅速かつ柔軟に対応できる組織体制、そして一定以上の賞味期限が確保された商材をお持ちであることが必須です。

フルーツ大福 リベンジャーズ

ベビーカステラ 抹茶ペースト

対象企業

  • 京都府内に事業所又は生産拠点をお持ちであること(「府内企業・府外生産」「府外企業・府内生産」含む)。
  • 企業、経営トップとして、輸出への強い覚悟をお持ちであること。
  • 迅速かつ柔軟に対応できる組織体制をお持ちであること(輸出ルートの各工程等において、様々な課題への対応や、変更要求が生じるケースがありますが、それらに対応する覚悟と体制を備えていること)。
  • 米国向けの場合、FDA登録番号を取得していること。ただし、宝酒造インターナショナル様ルート、DAIKYO様ルート等の場合、現地ディストリビューター等に代理人として委ねることができるケースがあります(会社名、所在地等の英文開示等の必要がありますが、概ね無料対応されているようです)。
  • EU-HACCP対応は、概ね、水産物では必須、畜産物では推奨、農産物では不問と言われています。

対象商品の条件

  • 原則として賞味期限1年以上(ドライ1年以上、要冷凍(-18度以下)1年以上)(海外では卸小売業者が日本のように迅速に出荷してくれるとは限らないため、賞味期限は最低でも1年以上であることが必須です。)(ただし輸出ルートによってはより短いものも相談可能です。)


消費者庁「食品期限表示の設定のためのガイドライン」(外部リンク)
食品の消費期限・賞味期限については、客観的な項目(指標)に基づき設定する必要がある(特性が類似している食品の試験・検査結果等を参考にすることも可能)。

  • 理化学試験:粘度、濁度、比重、過酸化物価、酸価、pH、酸度、栄養成分、糖度等の指標について、製造日からの品質劣化を評価
  • 微生物試験:一般生菌数、大腸菌群数、大腸菌数、低温細菌残存の有無、芽胞菌の残存の有無等の指標について、製造日からの品質劣化を評価
  • 官能試験:人間の視覚・味覚・嗅覚などの感覚を通して、適切にコントロールされた条件下で、適切な被験者による的確な手法と統計学的手法を用いた解析により評価

一般社団法人日本冷凍食品協会「冷凍食品の期限表示の実施要領」(外部リンク)
包装形態の製品の保存試験を行う。

  • 包装形態の製品
  • 保存流通に適した任意の温度設定(米国農務省実験データでは-18度~-23度、国際冷凍協会データでは-18度、-25度、-30度)
  • 製品ごとに複数期間を設置し検査(官能試験の場合は、訓練された3名で、色沢、香味、食感各5点)

賞味期限一覧1 賞味期限一覧2
一般社団法人日本冷凍食品協会「冷凍食品の期限表示の実施要領」より

その他参考情報

 

輸出ルート

国内取引・ディストリビューター経由

以下の企業との国内取引です。その後ディストリビューターを経由して輸出されます。

宝酒造インターナショナル株式会社(外部リンク)

欧米豪に日本食材卸ネットワークを構築し、日本食レストランや小売店等に向け日本食材を提供されています。(「この国でこの商品を売りたい」「従来商品に新発想を掛け合わせて今までにない商品を売りたい」そんな熱意と戦略をお待ちしています!)

取扱区分

冷凍・冷蔵・ドライ

ターゲット

欧米豪(レストラン等)

取引方式

国内取引(同社グループ企業である東京共同貿易株式会社による買い取り)

取引までの流れ

推進チーム経由で商品規格書・写真を提出します(推進チームでは随時受け付けています。推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

関心ある旨の返事があれば、東京共同貿易株式会社と直接調整をしていただきます。

株式会社DAIKYO

約20年に亘るおあげのコンテナ輸出の実績を活かし、コンテナへの混載によって各国ディストリビューター向けに日本食材を提供されます。

取扱区分

冷凍

ターゲット

欧米豪亜等

取引方式

国内取引(同社による買い取り)

取引までの流れ

推進チーム経由で商品規格書・写真を提出します(推進チームでは随時受け付けています。推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

関心ある旨の返事があれば、同社と直接調整をしていただきます。

国内取引・直接販売

以下の企業との国内取引です。その後、直接販売されます。

有限会社山栄フーズ(外部リンク)

香港、ベトナム、シンガポール(予定)のローカルスーパー等に直接販売を行っておられます。3温度帯に対応し、商品は京都の倉庫に送るだけ。賞味期限や滞留在庫についても相談可能です。

取扱区分

冷凍・冷蔵・ドライ

ターゲット

香港、ベトナム、シンガポール(予定)(ローカルスーパー等)

取引方式

国内取引(同社による買い取り)

  • 賞味期限について相談可能
取引までの流れ

推進チーム経由で商品規格書・写真を提出します(推進チームでは随時受け付けています。推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

関心ある旨の返事があれば、同社と直接調整をしていただきます。

 

大河実業株式会社(外部リンク)

中国向けの販売促進を行っておられ、販売、催事・展示会だけでなく、商品づくり、商品パッケージづくりから、さらには食育など食文化の浸透から、販売全般をサポートされています。

取扱区分

冷凍・冷蔵・ドライ(既に国内の百貨店・スーパー等で取り扱われているBtoC商品に限ります。また、一定の量産対応が必要です。)

ターゲット

中国

取引方式

国内取引(同社による買い取り)

取引までの流れ

まずは、推進チームにご連絡ください(推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

株式会社KSAエンタープライズ(外部リンク)

中国への越境EC(保税区方式)によって、京都産品を販売しておられます(中国・大連に保税倉庫と商品サンプルを展示できる店舗「洛中洛外」を有す)。

取扱区分

冷凍・冷蔵・ドライ(航空(保冷梱包)もあり)

ターゲット

中国(大連の店舗「洛中洛外」周辺は、観光地兼別荘地で大学も数校立地)

取引方式

国内取引(同社による買い取り)

  • 賞味期限について相談可能
取引までの流れ

推進チーム経由で商品規格書・写真を提出します(推進チームでは随時受け付けています。推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

関心ある旨の返事があれば、同社と直接調整をしていただきます。

株式会社ICHIGO

海外在住者向け お菓子の詰め合わせサブスクリプションサービス「SAKURACO」を展開されています。

取扱区分

ドライ

ターゲット

欧米豪他(宅配)

取引方式

国内取引(同社による買い取り/1アイテムあたり20,000~50,000個)

  • 賞味期限:常温で製造から60日以内
  • 肉成分(牛・豚・鶏)が入っていないもの
  • 個包装であり密封されているもので、体積50c㎡のものが望ましい。
取引までの流れ

推進チームにご連絡ください。
(推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)

海外取引・ディストリビューター経由

STORYTELLING Consulting LLP(外部リンク)

日本人が代表を務めるインドを拠点にしたLLPです。インド市場での展開を図るB2B、D2C企業様に、デジタルブランディング・デジタルマーケティングを支援されており、食品メーカー様、その商材に応じて、現地の適切なディストリビューターをマッチングしていただきます。

取扱区分・取引方式

個別相談

ターゲット

インド

取引までの流れ

推進チーム経由で商品規格書・写真を提出します(推進チームでは随時受け付けています。推進チーム事務局:京都府ものづくり振興課 TEL:075-414-5106)。

推進チーム

他の金融機関様・支援機関様等にも御協力いただいています。

輸出関連情報

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp