ここから本文です。

知事コラム 雲外蒼天

雲外蒼天(un gai sou ten)Governor's voice

雲外蒼天
書:西脇 隆俊

府民だより10月号掲載

 私が小学校高学年のとき、「秋の味覚を楽しもう」ということで、担任の先生がご実家のある旧丹波町へクラスの子たちを招いてくださったことがありました。色づき始めた山に分け入って栗拾いや松茸狩りを体験した後、先生のご実家で地元の特産である栗や松茸、柿などをご馳走(ちそう)になりました。贅沢なことに、すき焼きに松茸が入っていたのですが、何しろ子どもだったので当時は"丹波松茸"の値打ちが分からず…。
 このとき牛肉はおいしくいただいたものの、もったいないことに松茸については十分に味わったのかさえ定かでないのです。それでも、先生が「どうだ、うまいだろう」と誇らしげに郷土の自慢を振る舞ってくださる様子は記憶に残っていて、今も思い出すたびに懐かしさと心残りが胸に去来します。
 秋の「森の京都」は大自然がもたらす美味の宝庫。焼き松茸と落ち鮎で一献といきたいものですね。

きょうと府民だより10月号クローズアップ京都府

お問い合わせ

知事直轄組織広報課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4075

koho@pref.kyoto.lg.jp