京都やましろ観光

平成29年3月26日(日)開催

写真家 水野秀比古氏に学ぶ

カメラ女子 宇治茶 茶畑写真撮影バスツアー

宇治茶茶畑写真撮影バスツアー3月26日開催のチラシ画像

京都を代表する写真家 水野秀比古氏による講義もあり、1年間撮り続けて頂いた茶畑景観の貴重なお話などをお聞きいただきます。

そして、世界文化遺産登録に向けた候補地を訪ねて撮影をお楽しみ頂き、昼食はお茶を活かした料理をご用意しております。

カメラは、スマートフォンでもOK!

開催日 平成29年3月26日(日)※雨天決行
集合時間 午前9時45分※受付を開始します
集合場所 JR京都駅八条口バス駐車場
参加費 お一人様(大人・子ども同一料金)
3,500円(バス代、昼食、講習費、保険含む)
募集人数 先着25名様限定
※定員になり次第、締め切ります。
行程 10:00 JR京都駅出発
●世界遺産登録候補地 2~3ヶ所で撮影
●昼食(お茶を活かした料理)
18:00 JR京都駅到着
持ち物 歩きやすい靴、服装でお越しください。
雨天決行のため、雨具等は各自でご用意ください。
野外での滞在が多くなります。暖かい服装をご用意ください。
カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼など)広角レンズを各自ご用意ください。
※三脚の持参は参加者ご自身の判断にお任せします。
お問合せ トラベル京都
TEL:075-204-9533(営業時間10時~17時土日祝休)
申込方法
申込先
申込書に必要事項を明記の上、FAXまたはメールにてお申込ください。
FAX:075-203-9937
メール:info@travelkyoto.jp
ちらし等 「カメラ女子 宇治茶 茶畑写真撮影バスツアー」に関するちらし等(申込書付)
「カメラ女子 宇治茶 茶畑写真撮影バスツアー」.pdf(PDFファイル,約1MB)

平成29年2月25日(土)~3月20日(月)開催

京都青谷梅林「梅まつり」春は城陽から

京都青谷梅林梅まつり2017のチラシ画像期間中の主なイベントと会場
梅まつり会場
・オープニングセレモニー
「城州白スイーツコンテスト」表彰式(2月25日)
・あおくまさんの紙芝居(2月25日・3月20日)
・ひょっとこ踊り(3月5日)
・舞踊パフォーマンス(3月12日)
・梅かおるコンサート(3月19日)
※会場にて茶だんごをふるまいます。2月25日(土)および期間中毎日曜日・祝日(各日先着100名)
※本年、もちつき大会はございません。

その他イベント
※各地にて開催いたします。詳細につきましては、下記のお問い合せ先までお願いいたします。

開催期間 平成29年2月25日(土)~3月20日(月)
開催時間 午前10時~午後3時
会場 城陽 青谷梅林「梅まつり会場」
料金 無料
アクセス ○近鉄「新田辺」駅より京都京阪バスで約15分、多賀口下車のち徒歩約25分
○JR「山城青谷」駅より徒歩約20分
主催 城陽市梅まつり実行委員会
お問い合わせ 城陽市観光協会 電話:0774-56-4029
城陽市商工観光課 電話:0774-56-4019
城陽市観光協会URL:http://www.joyo-kankou.jp ※開花情報を随時更新
ちらし等 「京都青谷梅林 梅まつり 春は城陽から」に関するちらし
「京都青谷梅林 梅まつり 春は城陽から」.pdf(PDFファイル ,242KB)

平成29年3月5日(日)開催 ※入場無料

わたしたち日本の食文化を知る。

京都・和食の祭典2017

京都和食の祭典2017の3月5日開催のチラシ画像

京に脈々と伝わる和食文化。
その源流となる京料理から地域の郷土料理まで
日本の伝統的な食文化を学び、味わい
体験できる催しです。
和食の魅力をぜひご体感ください。

売切御免
京都でも指折りの有名料亭が合作する特別点心は2種類、合計400食限定。ともに3,000円とお得。当日先着販売。お1人様いずれか1食限定。9:45からチケットを先着で販売。11:00からチケットと引き換えに商品お渡し。
※混雑の状況によりチケットの販売が早まる場合があります。
※点心は会場でお召し上がりいただきます。お持ち帰りできません。

その他、盛りだくさんのイベントにぜひご参加ください!

開催日 平成29年3月5日(日)
時間 10:00~16:00
場所 建仁寺
京都市東山区大和大路通四条下る小松町
参加費 入場無料
催し内容 ・有名料亭が合作する特別限定点心
・和食料理人による大根炊き・粕汁販売
・京都の様々な和食が味わえる食ブース
・料亭の「ほんまもんの出汁」試飲
・和食文化の魅力を伝えるトークイベント
・企画展示「茶文化と和食」
・京菓子づくり体験
・座禅と精進料理
・京都府内の名産品の販売など
※各イベントの詳細は、「京都・和食の祭典2017」のホームページ、もしくは「ちらし」の裏面をご覧ください。下記の「イベントの詳細」リンク先や「ちらし等」PDFファイルからもご覧いただけます。
お問合せ 京都・和食の祭典2017事務局(京都府観光振興局)
TEL:075-414-4854※平日のみ
イベント
の詳細
ホームページ http://washoku-kyoto.jp(外部リンクに接続)
ちらし等 「京都・和食の祭典2017」に関するちらし等

「京都・和食の祭典2017」表面.pdf(PDFファイル,328KB)
「京都・和食の祭典2017」裏面.pdf(PDFファイル,951KB)

平成29年1月上旬~3月下旬

「けいはんな記念公園」(冬号)イベント情報

けいはんな記念公園2017冬号のちらし画像

けいはんな記念公園では、さまざまなイベントが開催されます。
冬のこの季節は、越冬のために、オシドリやマガモ、ジョウビタキなどの渡り鳥が公園にやってきます。ぜひ、バードウォッチングをお楽しみください。

1月には、「大正琴の演奏会」や「第11回公園写真展」などが行われます。
2月には、ウグイスが鳴き、梅が咲くなど、そろそろ春の気配も感じられます。「節分」イベントや「ひな人形の展示」などがあります。
3月には、 季節の花が咲き、春の到来を感じることができます。「桃の節句」や「はるまちコンサート」などが催されます。
※イベントにより時間、会場、料金等が異なります。

ほかにも多くのイベントが開催されます。イベントについての詳細は、公園ホームページのhttp://keihanna-park.net/(外部リンクに接続)をご覧ください。

なお、けいはんな記念公園内にある水景園の入園は有料です。お問合せは、表内の連絡先(けいはんな記念公園管理事務所)にお願いいたします。

水景園開園時間 午前9時から午後5時(最終入園受付午後4時30分)
※夜間開園時延長
水景園入園料 一般:200円/小・中学生:100円
※満60歳以上は証明書の提示で無料
※未就学児は無料
※25名以上は団体割引有り
※障害者手帳の提示でご本人様と付き添いの方1名が無料
駐車場 料金:<大型車>1500円・<普通車>400円
開場時間:午前8時半~午後5時半
台数:<大型車>10台・<普通車>200台
※夜間解放時は延長
※身体障害者用駐車場ご利用のお客様は事前にご連絡下さい。
交通案内 お車でお越しの方:京奈和自動車道(精華学研I.C.)、国道163号、府道八幡木津線
※お車でお越しの方は公園駐車場をご利用ください。
※周辺施設への駐車はご遠慮ください。
電車・バスでお越しの方:JR祝園駅、近鉄祝園駅より路線バス約9分、近鉄学研奈良登美ヶ丘駅より路線バス約14分
※最寄りのバス停:水景園(芽ぶきの森)は『公園東通り』で下車、芝生広場は『けいはんな記念公園』で下車。
お問い合わせ けいはんな記念公園管理事務所(京都府立関西文化学術研究都市記念公園)
〒619-0238 相楽郡精華町精華台六丁目1番地
TEL:0774-93-1200  FAX:0774-93-2688
URL: http://keihanna-park.net/(外部リンクに接続)

過去のイベント一覧

平成28年3月31日(木)まで開催

「戦国無双4」×「いざ天王山」コラボ企画
「イケメン」戦国武将のパネルが登場
NHK大河ドラマ誘致推進事業「戦国武将キャラクターによるPR展示」を実施

天下分け目の天王山の戦いで覇権を争った羽柴(豊臣)秀吉と明智光秀。大山崎町では、ただいま、人気ゲーム「戦国無双4」と大山崎町のロゴマーク「いざ天王山」のコラボ企画を実施中です。
「イケメン」の秀吉と光秀の、迫力あるパネルを設置していますので、ぜひ記念撮影をお楽しみください。 あわせて、大山崎町ロゴマーク「いざ天王山」の顔出しパネルも設置しています。こちらも、ぜひお楽しみください。

開催日時 平成28年3月31日(木)まで開催
開催場所 大山崎ふるさとセンターロビー
(京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字竜光3番地)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
お問い合わせ 大山崎町政策総務課企画観光係
TEL:075-956-2101
PDF等 「イケメン」戦国武将のパネルに関するPDF
「イケメン」戦国武将のパネル.pdf(PDFファイル ,260KB)

平成28年3月27日(日)

一般府道八幡城陽線上津屋橋【流れ橋】」開通式典海老瀬はなさんと一緒に写る写真撮影会の参加者を募集します!!

昔から多くの時代劇のロケ地として使われてきた「流れ橋」の渡り初めに、宇治市出身の女優・海老瀬はなさんが参加されます。つきましては、渡り初め終了後に海老瀬さんと一緒に写真を撮ることができる写真撮影会を開催し、その参加者を募集しますのでお知らせします。

※流れ橋の写真は修復前のものです。

海老瀬 はな(えびせ はな)さん

1985年生まれ、宇治市出身。株式会社松竹エンタテイメント所属。 2005年京都女子短大在学中に、「2005京都きものの女王」に選ばれる。同年、同社が創業110年を記念して行った新人女優オーディション「STAR GATE」において、1万3千人の中からグランプリ受賞。06年の映画「釣りバカ日誌17 あとは能登なれハマとなれ!」でデビュー。09年の映画「築城せよ!」、10年の映画「京都太秦物語」でヒロインを演じ、映画「武士の献立(13年)」、太秦を舞台にした映画「太秦ライムライト(14年)」に出演。ドラマでは「大河ドラマ「平清盛」(12年)」や「鬼平犯科帳スペシャル(13年)」に出演するなど、映画、ドラマ、舞台、CMなどで幅広く活躍中です。

日時 平成28年3月27日(日)
正午頃(渡り初め終了後) 写真撮影会
場所 上津屋橋【流れ橋】(八幡市側)
写真撮影会
申込方法
代表者の氏名・住所・連絡先・参加希望人数(1組3名まで)をご記入の上、メール又はFAXにて応募して下さい。
応募締切 3月15日(火)必着 ※締め切りました。
応募先 FAX:0774-22-8865
メール:yamashin-no-shoko@pref.kyoto.lg.jp
※電話での受付は行っておりませんのでご了承ください。
申込多数の場合は厳正なる抽選を行い、当選者に参加証を郵送します。

平成28年3月25日(金)まで

第13回 水・土・里ふるさと写真コンクール
作品募集

「水・土・里」を基本テーマとした、地域の自然環境や景観、農業や農業用施設との関わり、人とのつながりを映した写真を募集します。

開催期間 作品募集は平成28年3月25日(金)まで
募集目的 「水」「土」「里」は、私たち京都の農村を守り育てています。農村の役割・価値・自然とのふれあいなどを再認識し、次世代に引継いでいくため、「水・土・里ふるさと写真コンクール」を実施します。
応募要項 (1)題材 ○「水・土・里」を基本テーマとして、これらと地域の自然環境や景観、農業や農業用施設との関わり、または人とのつながりを映した写真。
○人々の暮らしや自然風景にとけこんでいる農業用施設(水路、ため池、井堰等)の写真
○次世代に引継ぎたい、身近なふるさとを感じる写真
(2)資格等 京都府内で撮影された未発表で版権のないもの及びその予定のないもの。平成27年1月以降に撮影されたもの。
(3)サイズ等 2Lまたはキャビネ版
(4)応募方法 応募用紙に記載し、写真の裏に貼り付けてください。
(5)送り先 〒602-8054 京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104番地の2 京都府庁西別館 京都府土地改良事業団体連合会
TEL:075-451-4137
(6)締切 平成28年3月25日(金) ※締め切りました。
(7)注意事項 ○応募点数はひとり5点までとし、入賞はひとり1点とします。
○応募作品は返却いたしません。
○応募作品はパネルやポスター等、京都府土地改良事業団体連合会の業務に活用させていただきます。
○被写体への肖像権については撮影者が了解を得てください。
○場合によりネガ、データの提供をお願いすることがあります。
○応募用紙に撮影場所が記載されていないものは無効とします。
審査及び表彰 審査委員会を設け厳選し、入賞者には直接本人に通知します。金賞、銀賞、銅賞の他、佳作を数点表彰するとともに、記念品を贈呈します。上記の他、特別賞(農業用施設の優秀な写真等)を設けることがあります。
発表 平成28年6月頃、京都府土地改良事業団体連合会ホームページにて発表します。
お問い合わせ 〒602-8054
京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104番地の2 京都府庁西別館
京都府土地改良事業団体連合会
TEL:075-451-4137
京都府土地改良事業団体連合会のホームページ(外部リンクに接続)
ちらし等 「第13回 水・土・里ふるさと写真コンクール」に関するちらし
「第13回 水・土・里ふるさと写真コンクール」.pdf(PDFファイル ,500KB)

平成28年4月中旬まで運行

日本遺産等を巡る定期観光バスツアー参加募集
〈期間限定・全コース昼食付〉

「お茶の京都」4コース、「乙訓・かぐや姫観光」2コース、「京都・西の観光」4コースの予約受付中!「お茶の京都」4コースは2人掛けシートに1人でゆったりお座りいただけます。

「お茶の京都」4コース
コース日本遺産の第1号として認定された「日本茶800年の歴史散歩」をめぐる定期観光バス。この機会に山城地域に現存する日本茶の歴史・文化の魅力を感じてみませんか。
「乙訓・かぐや姫観光」2コース
乙訓地域や京都市西部地域を中心に、1日現地コースを2つご用意しました。錦水亭や筍亭でのお食事や大山崎山荘美術館など非日常な空間を体験して頂きます。
「京都・西の観光」4コース
京都府西部エリアをテーマ毎に満喫するコース。定期観光バス初となる筍掘り体験やお酒めぐり、産業観光、名所旧跡をめぐる1日限定コースを揃えております。

運行期間・
料金
コースにより異なります。
※詳しくはちらし等をご覧ください。
予約・
お問い合わせ
京都定期観光バス予約センター
TEL:075-672-2100(7:40~20:00)
京都定期観光バスホームページ(外部リンクに接続)
ちらし等 「京都定期観光バス」に関するちらし等
「京都定期観光バス」.pdf(PDFファイル ,5.1MB)

平成28年3月19日(土)~平成28年6月5日(日)

開館20周年記念「終わりなき創造の旅」
絵画の名品より

アサヒビール大山崎山荘美術館は1996年4月に開館し、今年で20周年を迎えます。開館20周年を記念する本展では、「終わりなき創造の旅」をテーマに、古今の作家たちによってくり広げらてきた創造にまつわる「旅」に焦点をあて、当館蔵品から厳選した名品を公開します。

開催期間 平成28年3月19日(土)~平成28年6月5日(日)
開館時間 10時~17時(最終入館16時30分)
開催場所 アサヒビール大山崎山荘美術館
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日、ただし、3月21日、5月2日は開館)
料金 一般900円(800円)、高大生500円(400円)、中学生以下無料、
障害者手帳をお持ちの方300円 ※( )内/20名以上の団体
お問い合わせ 〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
TEL:075-957-3123(総合案内)
アサヒビール大山崎山荘美術館のホームページ(外部リンクに接続)
ちらし等 「終わりなき創造の旅」に関するちらし
「終わりなき創造の旅」.pdf(PDFファイル ,2MB)

平成28年3月16日(水)

梅かおる 梅の郷青谷めぐり

市の特産であり、市の木である梅の産地である青谷梅林は、古くから梅の名勝地として名を馳せ、明治時代から昭和初期には多くの観梅客で賑わった観光地です。現在も城陽市の貴重な観光資源である青谷梅林を梅の花が香る季節に訪れ、そして見て、触れて、食べて、昔の人も見て食べたであろう梅を体感する旅です。

「やましろ100ちーたび」のページはこちら。
開催日時 平成28年3月16日(水) ※雨天決行
定員 15名(申込順、定員になり次第締切・最少催行人員5人)
参加費 2,410円(参加料の内容:弁当・保険・材料代等)
お申込・
お問い合わせ
城陽市観光協会
TEL:0774-56-4029
ちらし等 「梅かおる 梅の郷青谷めぐり」に関するちらし
「梅かおる 梅の郷青谷めぐり」.pdf(PDFファイル ,264KB)

平成28年3月6日(日)

ちゃチャ茶ダンゴ!!団子で繋ごう世界遺産!!

世界に誇るふたつの世界遺産がある宇治。また、「お茶の聖地」とも言えるお茶の名産地です。その世界遺産の平等院と宇治上神社を宇治のソウルフード、茶だんごで繋いで最長の串だんごの世界記録に挑戦します。
ボランティアSTAFFも大募集中です!実行委員会のスタッフと一緒に、ギネスチャレンジ、ブースイベントを盛り上げましょう!

開催日時 平成28年3月6日(日) 10:00~15:00頃
※雨天決行
開催場所 京都府立宇治公園(中の島)
参加費 3,000円(税込) 1m分一口(500口限定・先着順)
お申込方法 ホームページ又はメール又はFAXでお申し込みください。
お問い合わせ 宇治から世界記録に挑戦実行委員会
TEL:0774-20-4112
宇治から世界記録に挑戦実行委員会のホームページ(外部リンクに接続)
Facebook: https://www.facebook.com/chachachadango/
ちらし等 ちゃチャ茶ダンゴ!!団子で繋ごう世界遺産!!に関するちらし
ちゃチャ茶ダンゴ!!団子で繋ごう世界遺産!!.pdf(PDFファイル ,4MB)