ホーム > 交通安全 > 交通事故防止 > 飲酒運転に関する罰則について

ここから本文です。

飲酒運転に関する罰則について

運転者本人

飲酒運転は犯罪です。

「少しくらいなら」という甘さが取り返しのつかない事態につながります。

その一杯で、あなたはすべてを失うのです。

酒酔い運転

5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金

酒気帯び運転

3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金

飲酒検知(呼気検査)拒否

3月以下の懲役又は
50万円以下の罰金

飲酒運転許したあなたも犯罪者

同乗者

同乗することも禁止!

車両の運転者が酒に酔った
状態にあることを知りながら

自己の運送の要求・依頼をして
その車両に同乗する。

3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金

車両の運転者が酒気を帯び
ていることを知りながら

2年以下の懲役又は
30万円以下の罰金

(注)同乗者が免許保有者の場合は行政処分の対象になります。

車、酒の提供者

車や酒の提供を厳罰化!

 

酒気を帯びている者で飲酒運転を行うおそれがあるものに対し

車両を提供する。

酒類を提供する。

運転者本人が
酒酔い運転の場合

5年以下の懲役又は
100万円以下の罰金

3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金

運転者本人が
酒気帯び運転の場合

3年以下の懲役又は
50万円以下の罰金

2年以下の懲役又は
30万円以下の罰金

8.7倍

飲酒運転による事故は、「飲酒なし」の事故に比べて、死亡事故になる確率が8.7倍も高くなっています。

飲酒運転による交通事故は、死亡事故につながる危険性が高いのです。

警察庁交通局「平成18年中の交通事故の発生状況」より

翌日でも…

~「二日酔い」の状態だったが、大丈夫だと思って運転した~

たとえ翌日であっても、通常時以上の酒気を帯びた状態で運転すれば、「飲酒運転」になります。

翌日でも、飲酒の影響が残っていれば、公共交通機関等を利用しましょう。

ハンドルキーパー運動推進中

「ハンドルキーパー運動」とは、自動車で仲間と飲食店などへ行く場合に、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人が仲間を自宅まで送り届ける運動です。

バッジやワッペンを付けることで、ハンドルキーパーであることをアピールしましょう。

ハンドルキーパーバッジ

ハンドルキーパー運動ワッペン

ハンドルキーパー運動推進店ステッカー

(注)ハンドルキーパーバッジについては、交通安全協会にお尋ねください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府警察本部交通企画課

京都市上京区下立売通釜座東入藪ノ内町85-3・85-4合地

電話番号:075-451-9111