ここから本文です。

青少年の国際交流の支援

青少年の国際交流を支援するため、青少年課では下記事業を実施しております。

青年海外協力隊の活動支援

JICAボランティアは、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する事業で、世界の発展途上国で現地の人々と同じ生活をしながら共に働き、国づくりに貢献する2年間のボランティア活動です。

募集案内

JICAボランティアの募集は年2回行われており、29年春の募集は下記のとおりです。

募集期間

平成29年3月31日(金曜)から5月10日(水曜)まで(消印有効)

募集説明会

関西2府4県で3月下旬より開催します。

詳しくはhttp://www.jica.go.jp/volunteer/seminar/index.htmlをご覧ください。

応募方法

JICA所定の応募書類を郵送にて提出。

詳しい募集説明会の日程・応募・選考について

詳しくはこちら(JICAホームページ)(外部リンク)を御覧ください。

 

派遣隊員の表敬訪問

JICAボランティアとして、海外に派遣される京都府出身者が、府庁を表敬訪問されています。

青年海外緑と文化の大使

府内青少年の国際交流活動への参加及び地球環境保全問題等への理解を促進するため、京都府出身の青年海外協力隊員に「青年海外緑と文化の大使」として協力を依頼しています。

  • 新着!サモアからのレポート(平成28年度 小学校教育)
    -1-
  • ソロモンからのレポート(平成27年度 理科教育)
    -1- 
  • ネパールからのレポート(平成24年度 村落開発普及員)
    -1- ,-2-,-3-
  • マレーシアからのレポート(平成23年度 作業療法士) 
    -1- ,-2-,-3-,-4- 
  • ネパールからのレポート(平成23年度 保健師)
    -1- ,-2-
  • コロンビアからのレポート(平成23年度 野球)
    -1-
  • グアテマラからのレポート(平成20年度 村落開発普及員)
    -1-
  • ガーナからのレポート(平成19年度 水資源開発)
    -1-,-2-,-3-,-4-
  • セネガルからのレポート(平成19年度 青少年活動)
    -1-,-2-,-3-,-4-
  • タンザニアからのレポート(平成19年度 自動車整備)
    -1-,-2-,-3-,-4-
  • パラオからのレポート(平成19年度 小学校教諭)
    -1-
  • パラグアイからのレポート(平成19年度 野菜)
    -1-
  • コスタリカからのレポート(平成19年度 作業療法士)
    -1-

青年海外派遣事業

内閣府青年国際交流事業(青年海外派遣)は、日本の青年と諸外国の青年との交流を通して、相互の友好と理解を深め、広い国際的視野と国際協力の精神を身につけた次代を担うにふさわしい青年を育成するため、毎年内閣府において実施しています。

京都府では、毎年2月頃に青少年課で応募受付を行っています。

事業概要

(1)国際青年育成交流事業

国際協力活動やボランティア活動の体験、文化紹介・スポーツ・ホームステイ等を通じて訪問国の青年と交流。産業・文化・教育・社会福祉等の諸事情の研究、関連施設の訪問など。

(2)日本・韓国青年親善交流事業

韓国の青年等と文化の紹介、意見交換、ホームステイ等を通じた交流。産業・文化・教育・社会福祉等の諸事情の研究、関連施設の訪問など。

(3)東南アジア青年の船事業

ASEAN10カ国の青年約280人と船内で共同生活をしながら各国を訪問。船内では討論、各国事情の紹介など。訪問国ではその国の青年等との交流、ホームステイ、関連施設の訪問など。

(4)次世代グローバルリーダー事業

明治百年記念事業として開始された「青年の船」事業及びその後発展的に改組した「世界青年の船」事業の成果を継承し、参加青年のリーダーシップやマネジメント力の向上を目指して、陸上研修・船上研修からなる実践的な内容の研修を行う。

(5)地域課題対応人材育成事業

高齢者関連、障害者関連または青少年関連分野の関係機関や施設等を訪問。
関係者等とのディスカッションなど。

募集期間

平成29年3月17日(金曜)まで(必着)

応募方法

内閣府所定の参加申込書、作文及び健康診断書等を、募集期間内に下記の宛先まで郵送等により御提出ください。

応募上の留意事項(PDF:129KB)

応募要件

18歳から30歳までの日本国籍を有する方(平成29年4月1日現在)

帰国後もその経験を活かして国際交流活動、青少年活動等を活発に行える方

交流活動を円滑に行える能力を有すること(日韓青年親善交流事業、地域課題対応人材育成事業を除く)等

事業内容や応募書類、応募方法の詳細については、内閣府ホームページ(外部リンク)を御確認ください。

※上記5事業の他、例年実施している「日本・中国青年親善交流事業」は、現在内閣府で調整中です。具体的な日程等が決まりましたら、内閣府ホームページへの掲載等により、参加者の募集がされる予定です。

お問い合わせ・応募相談窓口

京都府府民生活部青少年課(企画・育成担当)

TEL075-414-4301 FAX075-414-4303

〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町

 

派遣青年の表敬訪問

内閣府青年国際交流事業により海外に派遣される京都府出身の青年が、府庁を表敬訪問されています。

 

外国青年招へい事業

内閣府では、外国青年の招へい事業が行われており、その地方プログラムとして京都府でも受入を行っています。

内閣府日本・韓国親善交流事業(韓国青年招へい)概要

韓国の青年を日本に受け入れ、様々な交流を通じて日本への理解を促す全15日間のプログラムです。

京都府での滞在日程

平成24年11月5日(月曜)から8日(木曜)

招へい青年

大韓民国 30名

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

府民生活部青少年課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4301

ファックス:075-414-4303

seisho@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?