ふるさとトピックス!福知山、舞鶴、綾部

トップ > おでかけ

ここから本文です。

おでかけ

綾部市

週末はココへ! アンネのバラも咲く綾部バラ園「春のバラまつり」へ

バラの花は5~6月の春と、10~11月の秋の年2回咲きます。今回、綾部市にある「あやべグンゼスクエア」内にある綾部バラ園をご紹介します。

福知山市

心癒やされる美しさ〜福知山市大江町の藤の花スポット〜

そのたおやかな美しさから、古来日本人に愛され続ける藤の花

綾部市

自然の中で一日遊べる!あやべ温泉に “難しすぎる” 迷路が誕生

京都府綾部市の中でも自然豊かな上林(かんばやし)地区にある「あやべ温泉」に、2021年3月28日にオープンした大型迷路「迷宮 二王門迷路」。

福知山市舞鶴市綾部市

【2022】多種多様に咲き誇る冬〜春の花―京都・椿(ツバキ)の名所9選

京都府内で見られる椿の名所をご紹介します。

福知山市

福知山の廃校リノベーション「THE 610 BASE」でいちご摘み&いちごスイーツを楽しもう!

廃校をリノベーションし、いちご摘み体験やスイーツが楽しめる、SNS映えスポットとしても注目の「THE 610 BASE(ムトベース)」に行ってきました!

福知山市

福知山発のニューカルチャー!オトナが集うスケボー×カフェバー「GF8」オープン

東京2020オリンピック競技大会の新競技であるスケートボード(スケボー)。スケボーが一躍脚光を浴びる今、まるでこの結果を予見していたかのようにオープンしたお店をご紹介します。

舞鶴市

【2021年冬/日付順】〜定番から穴場まで〜京都府内のイルミネーション〜

一年中楽しめるものから、地元の名産を活かしたものまで、個性豊かなイルミネーションをお楽しみください。

福知山市

広小路商店街&新町商店街

広小路通りは、2012年のアーケード撤去が始まり、約7年でリニューアル工事が完了しました。イベントが開催されるなど賑わいと活気が生まれています。

福知山市舞鶴市綾部市

【2021】新名所も続々!エリア別・京都の紅葉穴場スポット34選

もうひとつの京都エリアから京都市内の紅葉穴場スポットまで、エリア別で掲載しているので、お出かけの際の参考にしてくださいね。

綾部市

水源の里・古屋の取組などについて

水源の里とは、「上流は下流を思い、下流は上流に感謝する」という理念を持つ「水源の里条例」で指定された集落のことです。最初に水源の里となった5集落のひとつ、綾部市東部・奥上林地区にある古屋(こや)という集落の取り組みを紹介します。

福知山市舞鶴市綾部市

子どもと泊まれるアットホームな農家民宿特集

京都府北部の里山エリアには、お子さん連れのご家族を歓迎する農家民宿がたくさんあります。おすすめのお宿をピックアップしてご紹介します。いずれもお子さんのいるご家族が経営しているのが特徴。旅人をあたたかく迎えてくれます。

福知山市舞鶴市綾部市

週末に子どもと出かけよう!京都北部地域おすすめスポットTOP7

子どもが思いっきり遊べる!子ども連れでも安心して出かけられる!今回、家族で週末に遊びに行きたい「京都北部地域のおすすめスポット」をランキング形式でまとめました。

舞鶴市綾部市

爽やかな初夏の風を感じたい―京都の青もみじの名所

歴史のある社寺では瑞々しい若葉と重厚な建物が調和し、写真を眺めているだけでも清々しい気分になります。今回はそんな青もみじを写真で楽しんでいただくために、京都府下のおすすめ寺院を3カ所ご紹介します。

福知山市

「あじさい寺」丹州観音寺へ古寺探訪〜福知山で話題の展望台へ〜

あじさいの季節に訪れたい、丹州観音寺のスポットなどもご紹介します。

福知山市

大江町毛原に広がる棚田

「日本の棚田百選」に選ばれており、「棚田オーナー制度」が有名で、美しく、そして活気ある地域です。

舞鶴市

神崎らっきょうプロジェクト

獣害に遭いにくいと言われるらっきょうを作ることに。

福知山市舞鶴市綾部市

これぞ日本の春!強者どもが夢の跡地に咲く桜

今回は歴史と桜、両方楽しめる京都の桜スポットをご紹介します。お城あるところ、そこにはさまざまな歴史ドラマあり。特に京都府内のお城には、たくさんのエピソードが残っています。

綾部市

【2021】綾部の森の中にある神秘の花園~ミツマタとシャガ群生地~

木漏れ日あふれる森の中を歩いていくと突如、現れる黄色く可憐なミツマタの花畑、そしてミツマタと入れ替わるように咲く真っ白で神秘的なシャガの群生。今回は海の京都・森の京都の里山エリアで春を告げるミツマタとシャガが作り出す、幻想的な風景の秘密をご紹介します。

福知山市舞鶴市

京都府のディープな博物館~石・鉱物編~【舞鶴市・亀岡市・福知山市】

日本全国さまざまな博物館がありますが、それは京都も同じ。中にはディープでマニアックなものたくさん!今回は、赤れんがや砥石、瓦といった“石・鉱物”にまつわる博物館をご紹介します。